読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡松雄『精神窓』Ⅱ (モダニズム短歌)

・深海(しんかい)に靑い眼玉の魚と住めばフランス少女がまばたきをする 

・海底の魚族らと萬年いがみあへど碧い眼玉は憎むことなき 

・不思議にも靑い星空に眸がすめばヴアイオリンの曲がながれくるなり

・なんとなんと五つの指がのびのびと靑き植物に觸れてゐるなり 

・娘らの帯からぬけでた花や蝶が舞へば明るき春の街なり 

・つつましく天使が春の花束をわが室訪へばもう春であり 

・靑靑と樹樹が春装をこらすゆゑ猿(ましら)のごとくわれかけのぼる   

・樂の音が次第に近づき春ひらき額は朝あけの霞む野にあり 

・眉けはしく窓對(む)きゐるわが顔がもう餓鬼のやうににこにこ饒舌る

・春風を胸から頬にわが觸れれば追憶のごときやさしき旗風 

・目から耳口を浄めて神となれば花や小鳥にかこまれてゐる 

・春なれば循環線に頬さらし小猫のごとくこころゆるすもよし 

・虚空をかけめぐりゆくわがこころ花か蝶か掌(て)にひらひらうつる

・春園に小犬のごとく駈けめぐるこころは餓鬼かわれゆるすのです 

・霧ふかい野にひざまづき額をあげればひらひらと心野をかけめぐる 

・彼方の緑の丘にそびえ立つ赤き塔ほどのはれやかさもとむ 

・パラソルのやうにまるき位置占めし海濱にたわむる少女らをみる 
     



岡松雄『精神窓』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/011724


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

岡松雄『精神窓』Ⅰ (モダニズム短歌)

・冬花のやうに冴えないわが感情(こころ)にけさカナリヤが凍(こご)え落ちにき 

・森の彼方の靑い合唱(コーラス)群鳩はきのふの夢のやうに輪を消してゆく 

・白鳩の羽波を追へる少女子の眸差(まなざし)たふとし北風(かぜ)よけがすな 

・白い通信をもたらす鳩が迷ひゐてわれを谷間につき落しけり 
  
・夢のやうに忘れられたる白楊をこがらしのなかにわれはみつむる
 
・窓そとはこがらし吹いて野良犬の遠吠えのこゑに指を折るなり 

・冬に衰えてペルシャ猫病みにき耳朶にわれ怖怖(こはごは)とハサミを入れる

・首鈴のじやれ音も空し老猫はペルシャの夢につひに死にゆく

・湖底ふかく星墜ちゆける夜なかにわが純情は魚の瞳(め)となる 

・眞夜中の湖水がじつに靑すぎれば祖先の墓掘り靑玉さがす 

・人間(ひと)住まぬ古井戸の中に靑い月が冴ゆる夜なかは白骨(ほね)探しだす 

・うす靑い光さしゐる花かげのひとの氣はひになにか怖れる 

・月光(つきかげ)の靑さに身をば浄めつつ亡母(はは)の姿を月に呼びかく 

・眞夜中を靑の光が流れゆけばこんなにもわが眸(め)は尊くあるか    

・湖水に靑い月光が冴えてあればここに住む魚が愛しくてならぬ 

・深海(しんかい)に靑い眼玉の魚と住めばフランス少女がまばたきをする 




岡松雄『精神窓』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/015904
     
http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

小玉朝子『黄薔薇』Ⅰ (モダニズム短歌)

・いちまいのガラスの魚(さかな)泳ぎゐて透明體となりし海なり

・幾百の川ながれ入り流れ入り魚(いを)のたまごを光らせてゐる

・砂丘に濱ひるがほの花咲きて雲は海よりひくゝ沈めり

潮騒は胸に鳴りやまず砂の丘驅け下りてみれどなぐさまぬかな

・鮫の眼にまたゝかれゐるわたつみの生物たちをそつと思へり 

・靑いあの月の破片(かけら)は海に墮ち太古の魚に食べられてゐる

・潮錆のくらき海より這ひ出でゝわが胸を嚙むわにざめのむれ 
 
・れうらんと鐘鳴り出でよ夕ぐれをヴエルレエヌのごとくうたひて見せむ
 
・黄色(わうじき)に入日けぶれる野のはてに聲とほくわれを呼ぶひとりあり
 
こゝろせつなき望郷に居り外國の知らぬ町にも灯がつきてゐむ
 
・明日からはしづかにしぼむ花もあらむ手を組み合せさびしくてゐる

・片すみに半分ほどの眸(め)がありて鏡はあをくわれをうつせり
 
・かたむけし鏡のなかに傾きて四角の空が靑く通れり 

・香水の罎と鏡とよりあひてかもすあかるさは六月の朝 

・わが此處に香水を撒くこの香異國に行きしひとににほはむ 

・壁鏡つめたく澄める朝の室劃(かぎ)られた室に香水を撒く 

・こもりゐてへリオトロオプ嗅ぐときのさびしき幸よ眸をあけしめず

・息吹き(いぶき)うすくガラスに凍るウヰンドにプリムラロオザ咲きさかりあり 

・花のなかで死なうとおもふ幸福(しあはせ)をつひ失(な)くしてはうなだれてゐる 

・もゝ色の踊り子靴を履いて來てさてどこへ行く朝の街なり
 
・うつくしくひとをかなしみ居りしかばわが頬が白き薔薇花になる 

・てのひらにカトレアの花にぎりしめ匂ばかりをひとにかゞしむ
 
・日のたまり黄色く負ひてわが母にお伽話をしてゐたりけり 

・森に來てその大き樹に亡人(ひと)の名の象形文字を彫りつけてゐる 

・亡きひとの名を刻みたる木のもとに孤獨の祝祭(まつり)してゐたりけり 

・身のそこにヴイオロンチェロが鳴りて居り俯し目になりてチヨコレエトむく 

・いちにんのまなこにぢつとみつめられ眩暈(めまい)してゐるわれのあはれに


小玉朝子『黄薔薇』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/18/051808
          
http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

松本良三『飛行毛氈』Ⅲ (モダニズム短歌)

白薔薇の花束ほどのうつくしさ殘して死んだひと思ひ出す

・シルクハツトをかむれる天使ら舞ひ降(を)りるわれは海邊に三月も暮らす

・魚族らにとりまかれゐる海底の賑やかさなれば野に忘れゐし 

・明け方のうす霧のなかにねむりゐる花花の眼はわれひらきやる

・森のなかにたほれゐるわれのまはりより茸の類が夜夜に生れる 

・蒲公英(たんぽぽ)の花花の下に五百ほどくさつておちた星埋めやる

・觸手の生えた不思議な海のいきものにわれの裸體(はだか)の追ひかけられる

・野の空に月あかく落つる夕(ゆうべ)よりペルシヤがわれの故郷でありき 

・人のなき草原にそつとひざまづき花にもの言ふは世の終りなり 

・これはまたなんと晴晴(はればれ)しき世のなかぞ七面鳥がいきどほりをり 

・最高の月日ながれて魚族らは湖(うみ)の底にて星星を見し 

・襲い來る鬼どもを見とどけてやらんため鏡の中に一夜を明かす

・扉(と)のうちにどのやうな秘密があらうとも白の把手(はんどる)は手に觸れるまじ 

・何も慾しくなくなつてしまふさびしさは月から流れよつて來るなり 

・薔薇ばなには遂に なれない人間がそんなに冷たくてよいものかしら



松本良三『飛行毛氈』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/072047
松本良三『飛行毛氈』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/082726



http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

松本良三『飛行毛氈』Ⅱ (モダニズム短歌)

・月影に喰はれる夢におびえつつひもじくて猫は眠れぬなり 

・蒲公英(たんぽぽ)の花花のなかにおちこぼれ消えたいのちは星かわからぬ 

・噴水のなかの世界よりながれくる春になる音(ね)が今日も聞える 

・わがねむり夢にとられてゆく頃は月夜の空に虹かかりをれ

・靑や黒の美しさ知らぬ赤ん坊の頃の眼が見たやさしさ知らず 

・長い路に鈍(のろ)い驢馬らをあゆませて花見てまはる春の苑なり 
 
・人間の見たこともない國の映りゐる泉(みず)飲み暮らす獸(けもの)たちなり

・花咲かぬ草花となり晝も夜も水飲まされし季節も過ぎて

・眞夜中の海からあがって來たわれはなんと大股に街歩みゆく 

・ほろびゆく星星にやつたやさしげなこころもいまはよほど遠いも

・ペルシヤからさほど遠くない國國は赤や黄の花の咲く國であれ 

・春山の切株に來てやすみゐるこころに灰色の獨樂まはり出す 

・春かすむ都の空にまぎれ込み白の氣球をわれは盗めり
 
・四五年は昏睡に落ちてゐしなれば白痴のわれが蝶にみとれる 

・四年前死にかけてゐた昆蟲のまなざしが時にわが眼にやどる 

・はなやかな晴衣着るさへけだるくて魚族の世界われあくがれる 




松本良三『飛行毛氈』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/072047
松本良三『飛行毛氈』Ⅲ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/215300


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

松本良三『飛行毛氈』Ⅰ (モダニズム短歌)

松本良三『飛行毛氈』
栗田書店〈日本歌人叢書 第一篇〉 1935(昭10年)


良三没後に刊行された歌集で、編集およびタイトルは旧制中学以来の友人石川信雄(歌集『シネマ』)によるもの。タイトルは良三の中近東好きに因んだもののよう。飛行毛氈とは空飛ぶ絨毯のことですが、歌の内容は千一夜物語の中近東というより、メソポタミア文明のそれという印象。



・壁掛の動物たちが生きてゐた遠いしあはせはもうかへり来ぬ

・ ケルビムの唄が聞える昼頃は花花の咲きて園もふくるる

・小鳥らや魚や獸らのかかれある石など掘りにわれもゆかうか

・こまやかに心をぬらすルウシイの歌も聞こうと秋を待ったが 

・疲(くた)びれし驢馬とジヤンムはお互いのやさしい心をくれあひしなり  (ジヤンム=フランシス・ジャム)

・珈琲にどんな苦味(にがみ)も與へない話はいかに退屈ならむ 
    
・花園のなかにゐる白い胸像の春はまはりからこきざみに來る 

・オエロオパの白い汽船が着く日よりやや憂欝なわが春となり (オエロオパ=ヨーロッパ)

・小鳥らや魚や獸らのかかれある石など掘りにわれもゆかうか 
  
・十日程ひしがれはてた魂はまたいくぢなくわが身をまもる 

・谿底の亡骸(なきがら)を啄(た)べし鳥たちのとまりゐたこれは樹木か知れぬ
 
・今朝買ひしメソポタミアの地圖なくし夜更けの街にわれ迷ひゐる

・閉ざされた白い扉に小鳥らが小鳥らの聲(こえ)でささやきかける 

・夜となる園に凋るる花花の匂ひに街もいつかつつまれ 

・じつとしてはゐられぬままに歩みゆく足跡に春の花花が咲き 

・わがちちはかのパミイルの山ちかきセリカの村へ旅つづけゆき 

・やさしさだ眞心(まごころ)だといつてゐられないチエツチエ蠅らに鞭ふり廻す

・小鳥らか花花か接吻(きす)か花園かひつそりと春の野のものがたり 

・宵空の波止場にのぼるうすあをい月が蛇らをよこしまにせり 

・夜の森にひとつの炎(ほのほ)とばしつつ昔の母の花環をさがす 

・碧空(あをぞら)をやどしゐる水の底に住む貝の生活もまたやるせなく



松本良三『飛行毛氈』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/082726
松本良三『飛行毛氈』Ⅲ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/215300


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。