石川信雄『シネマ』Ⅱ (モダニズム短歌)

・嬰児(みどりご)のわれは追ひつかぬ狼におひかけられる夢ばかり見き 

・黒ん坊の唄うたひながらさまよつた街(まち)の灯(ひ)のくらさ今もおもはる

・すばらしい詩をつくらうと窓あけてシヤツも下着もいま脱(ぬ)ぎすてる 

・あやまちて野豚(のぶた)らのむれに入りてよりいつぴきの豚にまだ追はれゐる

・レエルぞひにゑぞ菊の畑(はたけ)つくられある踏切番人はわれの伯父なり 

・しろい山や飛行船が描(か)かれてある箱のシガレツトなど喫(す)ひてくらせる

・數百のパラシユトにのつて野の空へ白い天使等がまひおりてくる 

・あをい空のしたにまつしろい家建てるどんな花花の咲きめぐりだす

・底知らぬ空のまんなかに飛びおりる快さのほかはわすれはてたる 

・空のなかをしろい火のはしる夢すんで花びらのやうな眠りがのびる 

・てんてんとそこらあたりに散らばれる怖れほど赤き花束はなき 

・パイプをばピストルのごとく覗(ねら)ふとき白き鳩一羽地に舞ひおちぬ

・花苑のやうな合唱の波のなか舌足らぬ聲を探しはじめる 

・新聞よ花道よ靑いドオランよパイプよタイよ遠い合圖よ 

・ギイヨオム・アポリネエルは空色の士官さん達を空の上に見き 

・砲彈に生命(いのち)うしなつたひとびとを悼(いた)むのもやめてチイズを食べる

・テキサスの方言を學びゐたるころ夜もすがら起きて晝をねむりき 

・星といふ名を持つた花のまなざしが十三日ほどわれをくるはせる 

・すはだかにならうと決(き)めた眼の前に街が木が顔が起きあがり來る 

・自らをポケツトのやうに裏返しわが見せし人は今どこをゆく 

・生命(いのち)さへ斷(た)ちてゆかなければならぬときうつくしき野も手にのせて見る 

・鏡取りふとよく見れば木や海やわれならぬしろい笑ひもとほる

・かたはらに白きまぼろしのふと立てるかかるしづけさはいまだかつてなき 

・夜なかごろ窓をあければ眼(ま)なかひの星のおしやべりに取りかこまれぬ

・スポツトで追はれてるやうなはにかみよ今日もあてどない街のさまよひ 

・かうもりのぐるりの雨はまつくらな空いつぱいに音立てて降る



石川信雄『シネマ』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/215534

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

斎藤史『魚歌』Ⅲ (モダニズム短歌)


・夜毎(よるごと)に月きらびやかにありしかば唄をうたひてやがて忘れぬ 

・たそがれの鼻唄よりも薔薇よりも惡事やさしく身に華やぎぬ

・夕霧は捲毛(カール)のやうにほぐれ來てえにしだの藪も馬もかなはぬ 

・定住の家をもたねば朝に夜にシシリイの薔薇やマジヨルカの花

・あかつきのなぎさぬかりて落ち沈みわがかかりたる神神の罠 

・植物は刺をかざせり神神は罠あそびせりわれは素足に

・遠い春湖(うみ)に沈みしみづからに祭りの笛を吹いて逢ひにゆく 

・しなやかな若いけものを馭しゆけり蹄(ひづめ)にかかり花は散るもの

・ひたすらに水底に沈むわれなればあたたかき掌(て)など持ちては居らぬ 

黄道光西にあがれば身にひそむ野生は苦く銅羅うちたたく

・羊齒の林に友ら倒れて幾世經ぬ視界を覆ふしだの葉の色 

・春を斷(き)る白い彈道に飛び乗つて手など振つたがつひにかへらぬ 

・濁流だ濁流だと叫び流れゆく末は泥土か夜明けか知らぬ 

・暴力のかくうつくしき世に住みてひねもすうたふわが子守うた

・あかつきのどよみに答へ嘯(うそぶ)きし天(あめ)のけものら須臾にして消ゆ 

・額(ぬか)の眞中(まなか)に彈丸(たま)をうけたるおもかげの立居に憑きて夏のおどろや

・照り充てる眞日につらぬく道ありてためらはず樹樹も枯れしと思へ 

・いのち斷たるるおのれは云はずことづては虹よりも彩(あや)にやさしかりにき

・まなこさへかすみて云ひしひとことも風に逆らへば聞えざりけむ 

・ほろびたるわがうつそ身をおもふ時くらやみ遠くながれの音す 

・わが頭蓋の罅(ひび)を流るる水がありすでに湖底に寝ねて久しき 

・はつはつと上ぐる額と云はば云へ地を這ひゆきて必ず視むもの

・内海を出でてゆくとき花を投げる手帖もなげるはや流れゆけ 

・手を振つてあの人もこの人もゆくものか我に追ひつけぬ黄なる軍列


斎藤史『魚歌』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/214540
斎藤史『魚歌』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/27/225054


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

斎藤史『魚歌』Ⅱ (モダニズム短歌)


・山の手町がさくらの花に霞む日にわが旅行切符切られたるなれ 

・野生仙人掌(さぼてん)や龍舌蘭の葉に刺されゆく白い不運はしあはせらしく 

・南佛にミモザの花が咲き出せば黄のスカーフをわれも取り出す 

・赤白の道化の服もしをれはて春はもうすでに舞台裏なり 

・空の風船の影を掌(て)の上にのせながら走り行きつつ行方(ゆくへ)も知らぬ 

・太陽神(ジユピター)がとはうもない節(ふし)の鼻歌をうたひ出すともう春であつた

・オレンヂやアツプル・パイを食べさせるかの苦しみよここに見おくる 

・奈落へとわれの落ちゆくを手つだひしかの人よ今も地獄にすめる 

・手風琴ひきが帽子を廻すひるさがり巷(ちまた)の雲は白く疲れぬ 

・消える華火今日もどこかに上げられて人形は窓に首をかしげる 

・街角の道しるべ圖を読んで居ればオルゴールの歌聞え日の昏れ 

・切符とか着物とか人の髪とかに觸れて來た掌(て)よ今さし合す

・春風に窓あけようと思ひ居るたのしさなれば窓は閉ぢてある 

・岡に來て両腕に白い帆を張れば風はさかんな海賊のうた  

・花虻はさわぎ居るとも夕昏れはいつかさりげなく來てしまふらし 

・いろどりとなる面影もなき春なれば列車のやうに夜がきしみ來る

・或る瞬間(とき)にひろげられたるわが指の五つの方向(むき)に色を失ふ 

・放射路のどれもが集まる廣場なればまんなかに噴水はまるくひらきぬ  

・いきどほり深きにありてよむ歌の平和(やはらぎ)の歌は鳩と共に翔(と)べ 

・密獵に出てゆく船が華やかな旗さへ立てる夜となりにけり

・いのちより光りて出づるうたもなしコルトの胴をみがけりわれは 

・野に捨てた黒い手袋も起きあがり指指に黄な花咲かせだす 

・なまめかしくきよらかな花を瓶にさし胸つまらせて暮らす日もあり 

・窓べには仙人掌(さぼてん)の花日覆(ひおほひ)のだんだら縞やわが夏帽子 


斎藤史『魚歌』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/214540
斎藤史『魚歌』Ⅲ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/28/003657


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

筏井嘉一『荒栲(あらたへ)』Ⅱ (モダニズム短歌)

 

・天気よく郊外の道をさまよへばRousseau(ルウツソオ)描(か)きし樹(き)や家があり

・やるせなくO.Sole,mio(オ・ソレ・ミオ)はうたへどもわが太陽は今日も照らずも

・映畫にて巴里(パリ)あはれなる戀がたり見てゐしほどはまだ救はれき 

・澤庵を咀嚼する母の脣(くち)もとの微妙なる動きをしまし見にけり

・わが生(よ)昏(くら)くたまらぬときは錢湯に眞裸(まはだか)の人を見にきたりけり

・スウ・キヤロルのほほゑみかけし瞬間がスティイルになりて我に見られし

・慘(みじ)めなる愛つきぬけてModigliani(モヂリアニ)ゑがく淫賣婦(ぢごく)にわが救ひ見ぬ

・母の身にわがやどりける夜(よ)の怨(うら)み生(うま)れざりせばあやまちなきに 

・煤(すす)けくる障子たてこめ紅毛の論じあまさぬ思想に疲る

・道路打つあの勞働もこころひく眞面目になりて考へにけり 

・陰慘な露西亞の小説讀み飽いて萩や桔梗を愛(め)づる秋なり

・魚は魚貝は貝我は我なりけり波寄る巖間(いはま)にうつとりかなしむ

・海はるか水平線を見てあれば彼處(かなた)あてなきあこがれの湧く

・朝船の窓に水夫の顔が見ゆパイプくはへゐて燻(くす)める横顔

・ポストまであゆみきたりて見直せば手紙の宛名いかにも戀し 

・このおもひ彼女の胸へますぐゆけポストに投げし手紙音あり

・一言(ひとこと)のちかひきよらに胸にありいのちにかけて信ぜんとすも

・身ひとつに指彈(しだん)うけとめ晴れやかに笑(ゑ)みては見するわがをとめなり

・身にからむ義理人情のけうとさよわが戀さやに遂げまくぞする 

・逢ふ日また期(ご)しがたくしてSolvejgs(ソルヴエデ)の旋律(ふし)のこころをきみくちずさむ 

・動きそむる汽車の窗よりわれを見し涙とび出さんばかりの眼(め)なりき

・嚙(か)みし飯(いひ)をのみこみしなに閊(つか)へたり身揉(みもめ)にあへる彼女思ひし




筏井嘉一『荒栲』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/27/191354



http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

筏井嘉一『荒栲(あらたへ)』Ⅰ (モダニズム短歌)


・夢さめてさめたる夢は戀はねども春荒寥(くわうりやう)とわがいのちあり 

・わが内(うち)に神を見ぬ日ぞ焦燥す肉體ひとつおきどころなく

・めざむればラヂオ鳴るあれは春の唄Mendelssohn(メンデルソーン)に朝なごみゆく     (メンデルソーン=メンデルスゾーン) 

・わが冬はさむきこころの糧(かて)としも太陽ひとつ戀しかりけり 

・平凡に在(あ)り澄むといふジイドはや海彼(かいひ)のこころわれをなごます

・うらがなし百貨店(デパート)屋上の網がこひ鶴いろ褪(あ)せて𩛰(あさ)りけるかも 

・兵おくる萬歳のこゑあがるまは悲壮に過ぎて息(いき)のくるしゑ

・戰亂の後(のち)に來(こ)む世のすがしさを或る日はおもふ子を抱きつつ 

・フアンに似る心理を憎む秋睛(あきばれ)や傷兵慰問ひききらずけり

・C(ツエイ)の絃(げん)切れて音せぬ洋琴(ピヤノ)に對(む)き何を彈(ひ)かんとするこころぞも 

・國々の鬩(せめ)ぐ歴史に身は生きて孤高(こかう)の念(おも)ひ烈(はげ)しかるかな

・わが家はがらくたばかりがらくたの一部ぞわれも子も妻もまた

モナ・リザの微笑(びせう)はわれのものならず口(くち)さへあきて妻の居眠る 

・一目(ひとめ)見し舅(ちち)よ眼を灼(や)け土にうまれ土に果てたる野良着(のらぎ)のむくろ

・店(たな)に積む魚類濡れつついろ鮮(あたら)し子に食はす鯛をいつぴきもとむ

・冬の家にのぞみ杳(はる)かなる兒のこゑやサイタサイタサクラガサイタ

・Gauguin(ゴオガン)はタヒチの島に遁(のが)れけり眞實(まこと)たづねてつひに孤(こ)なりき

・炎(ほのほ)なす向日葵(ひまはり)の繪をかかげおき書斎にGogh(ゴツホ)と在(あ)るおもひなり 

・Rousseau(ルウツソオ)のゑがく飛行船にわれ乗りてこの世見おろせばしばらく愉(たの)し 

・見るたびに壓(お)さるるばかりCezanneの畫面の林檎かがやき深む 

・わが室(へや)にちらばる樂譜や繪のたぐひ海のあなたの精神(こころ)にむせぶ 


筏井嘉一『荒栲』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/27/221441

モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929




http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

小玉朝子『黄薔薇』Ⅱ (モダニズム短歌)


・くらき空に海蛇(ヒドラ)うねれりひとりごゝろ清しみて窓をとざしけるかも

・掌(て)をあはせ千萬年の星々の地に下りるさまをみつめつゝ居り 

・白き熊空のはたてを横切りたりいきれに立ちて吹きおりる風 

・木に花咲く五月となれりしかすがに花野のなかに墓地つくりあり 

・おくつきにもの言ひかけてふとさびしふりむけば日のなゝめ射す光(かげ)

・青空のひくい傾きをわたる風このまゝにわが野草とならむ

・草しきてまなこつぶればまなうらのひとゝころふかき朱に透き來る

・髪吹かれ立てば目下(ました)の草のなか眞白の蝶が搖られゐにけり

・水たまりのぞけば深い空の中まみはつかれてわが顔があり

・白雲も少しかたむきわが頬に近よつて來る水たまりなり

・湧く水にひと時赤き夕雲の散り來りつゝ散りすぎにけり

・しほたれて歩める影のみちにうつりはつとしてわれのまはり見まはす

・立ち居れば歩み近づくひとの影すこし傾きて草にゆれたり

・月光がわが目を通るたまゆらに涙つめたくあふれ出でたり

・恍(と)けし身の水泡ごゝろに見て居りき谷間となりし月光のそら

・さらさらと銀の小刀(さすが)をみがき居り明日からはちさき魚となるわれ

・兄よ兄よ海はるばると送り來し外國の本にきりぎりすゐる

・伊太利の本をさかさにのぞきゐついち枚の揷繪文字ばかりなり

・空のむかふにアルバイト書く兄のため花々を煮て夕うたげする

・天文の詩にかもあらむ白き紙方程式をうつし出すなり

・顔よせて見ては居りけり異國文字途切(とぎ)れて黒い線の繪があり

・あはれわが何ものにしも代へがたき火花はつひに地に墮ちはてぬ

・病身の眼ばかり青き火になして空翔ける鳥のさびしさとなり

・抱きしめてひとりのわれをいとほしむ病めば影さへ身にひそみ行き

・ろうそくをともして室をせまくする弱々しさがふたゝびかへり

・高窓のあをきばかりの空に行き熱さめぎはの眼は乾きたり

・病み起きの眼に追ふ鳥のはるばると吸はれて白いうす雲があり

・公園のふきあげの水ほそぼそと見かへれば母の目がさびしめり

・大理(なめ)石に遠い記録の殘るときこのわが母よ讃へられてあれ

・黒き潮流るゝなべに北海のさかなきびしく身を守り居らむ

・默(もだ)し居らば壁に汝がかげしみて行かむ都は秋の落葉するなり

・頬紅を送りたり友よこの朝はコスモスも紅く花ひらきそむ

・外に行きて汝が見る空はみ冬づき鳥なども飛ばずさびしくてゐむ

・いのち守りいのちさげすみ明け暮れを汝が通ふみちも落葉してあらむ

・北海の潮につゞく町に來てわが呼ぶ汝が名しんとひゞけり

・ふきあげは遠くに虹を散らしゐて昨日の時を日時計が指(さ)す

・あのことも遠天に散り夏野には菫うつくしく咲きいでむかも 

・花庭の日時計くもる日向なり遠心に光あつまりにけり 

・野べに來て鐵道草のしろじろと風に咲けるを見てかへるなり

・夏野にはわがパラソルも花となり黄の蝶あまた舞ひ立ちにけり

・たけに草たかき秀だちの搖るばかりつかれてわれらもの言はずなる

・花畑にアスタアが咲くひなたなりひなたのなかの始めての記憶

・生れしは金木犀の野なりけりそこから街に下りて來しなり

・虚空(そら)に墮ちるゆめばかり見て育ちたるわれは泣くとき涙ながさぬ

・窓とぢて遠い記憶をあそぶなりみどり兒のわれが青空にゐる

・わが歴史トーン・ポエムにならぬかと五線紙の上に履歴書を書く 

・エヂプトの壁畫模様といふものゝ片眼の魚と笑みかはし居り

・つまさきをまるく照らされてくら暗のふかいボツクスにみちびかれて行く 

・目の馴れに笑顔かけくるひとの手は春の外套たゝみゐるなり

・こゑばかりひゞかせてくるトオキイの銀の斜面に木の影があり

・まつ白なレイスの衣裳きたひとのはればれと歩む春のシネマは

・犬とゐて犬の毛なみに光る風手をのせてわれもひかりて居らむ 

・野の丘はくぬぎ林の銀となりうすむらさきにかげろふが立つ

・かげろふをかきわけて行く犬の脚こまかに白く眼をまぎらせり 



小玉朝子『黄薔薇』Ⅰ 
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/222306
小玉朝子『黄薔薇』Ⅲ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/07/25/015740


モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929
     


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

津軽照子『秋・現実』Ⅱ (モダニズム短歌)

・まどに赤い花さいて
 芯に刺客の眼をひそめる   〈月曜〉

・しろい女體の しろい猫の媚
 カンヷスもしろいままで   〈火曜〉

・夕やけ鏡まで染めて
 オペラ開場の時間が迫る    〈金曜〉

・涅槃の繪のけだものか 父の死床
 最後といふにただ泣いてゐた

・あをぐろい星の夜空がかあてんの
 このすぐうらに忘られてゐた

・ちよこれえとおもひでにして にがみあり
 むかふ渚に灯が見えそめる

・空にたくさん雲があり 夜ふけの
 木犀の庭にまどとざす 

・木犀のにほひ强すぎて
 憑かれた眼はやみをひとすぢにみる

・庭にくろい影がゐて はたり閉ぢる扉(と)の
 おほきなゆらぎわがかげとなる

・まどによりむなし心の眼をすぎる
 月夜の猫はよぶ名もなく

・あをあを月の光りの散らばりに
 しろい猫ゐてくぐりあるく

・秋はれて窓ははるかに空のあを
 蘭の花心にひそみにほふ 

・赤とんぼちらばり空がながれくる
 しろい手のひらそろへてうける

・をさなくて磯の小石にゐる貝の
 無雜作にとれぬ力がある 

・波は搖籃のゆれのしづけさあつまり棲む
 をさなき海のこれら生きもの

・うすぐもに星ちりばめて海の空
 いかにかすかにわれ砂に臥す

・夜の磯なきだしさうな魂に
 ふいと時計がきざみこむおと

・闇ぬけてほそぼそときた崖みちの
 したは渚のほのあかり波 

・流星がすいと消えた磯山の
 くろいうしろにひきつけられる 

・淀ふかみ靑底ひえて横たはり
 ねむりつづける魚族となる

・淵ぞこのしづかな水のひえにゐて
 魚の行儀をつひにみならふ

・ひざのうへかるがる小猫ねむりゐて
 そのまま猫のすがたがある



津軽照子『秋・現実』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/03/214956


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。