2017-09-09から1日間の記事一覧

逗子八郎   (モダニズム短歌)

・沼澤地方の習慣で 發育した肢體のまま 取引所の走狗となつた ・山麓地帯の花盛りを過ぎてから あれは砲兵の儀禮ですと眼鏡を拭つた ・屋上庭園(ルーフ・ガーデン)。白鷺が並び美しい脚でタイプライターの擬音を立ててゐる ・林のなかの夕日。ウビガンの匂…