2018-10-25から1日間の記事一覧

神生彩史  (モダニズム俳句)

・新涼の玻璃に描ける白き裸女 ・蟲の音をビルの巷にうたがはず ・月の潮白きランチが截りゆけり ・暖房や大き裸婦の圖を壁に ・をさならに白きページに靑あらし ・重工業白き月光をけぶらする ・白き船月の海ゆき居ずなりぬ ・詩書さぶく經濟の書と肩を組め…