読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小玉朝子『黄薔薇』Ⅰ (モダニズム短歌)

・いちまいのガラスの魚(さかな)泳ぎゐて透明體となりし海なり

・幾百の川ながれ入り流れ入り魚(いを)のたまごを光らせてゐる

・砂丘に濱ひるがほの花咲きて雲は海よりひくゝ沈めり

潮騒は胸に鳴りやまず砂の丘驅け下りてみれどなぐさまぬかな

・鮫の眼にまたゝかれゐるわたつみの生物たちをそつと思へり 

・靑いあの月の破片(かけら)は海に墮ち太古の魚に食べられてゐる

・潮錆のくらき海より這ひ出でゝわが胸を嚙むわにざめのむれ 
 
・れうらんと鐘鳴り出でよ夕ぐれをヴエルレエヌのごとくうたひて見せむ
 
・黄色(わうじき)に入日けぶれる野のはてに聲とほくわれを呼ぶひとりあり
 
こゝろせつなき望郷に居り外國の知らぬ町にも灯がつきてゐむ
 
・明日からはしづかにしぼむ花もあらむ手を組み合せさびしくてゐる

・片すみに半分ほどの眸(め)がありて鏡はあをくわれをうつせり
 
・かたむけし鏡のなかに傾きて四角の空が靑く通れり 

・香水の罎と鏡とよりあひてかもすあかるさは六月の朝 

・わが此處に香水を撒くこの香異國に行きしひとににほはむ 

・壁鏡つめたく澄める朝の室劃(かぎ)られた室に香水を撒く 

・こもりゐてへリオトロオプ嗅ぐときのさびしき幸よ眸をあけしめず

・息吹き(いぶき)うすくガラスに凍るウヰンドにプリムラロオザ咲きさかりあり 

・花のなかで死なうとおもふ幸福(しあはせ)をつひ失(な)くしてはうなだれてゐる 

・もゝ色の踊り子靴を履いて來てさてどこへ行く朝の街なり
 
・うつくしくひとをかなしみ居りしかばわが頬が白き薔薇花になる 

・てのひらにカトレアの花にぎりしめ匂ばかりをひとにかゞしむ
 
・日のたまり黄色く負ひてわが母にお伽話をしてゐたりけり 

・森に來てその大き樹に亡人(ひと)の名の象形文字を彫りつけてゐる 

・亡きひとの名を刻みたる木のもとに孤獨の祝祭(まつり)してゐたりけり 

・身のそこにヴイオロンチェロが鳴りて居り俯し目になりてチヨコレエトむく 

・いちにんのまなこにぢつとみつめられ眩暈(めまい)してゐるわれのあはれに

          
http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。