小玉朝子『黄薔薇』Ⅱ (モダニズム短歌)


・くらき空に海蛇(ヒドラ)うねれりひとりごゝろ清しみて窓をとざしけるかも

・掌(て)をあはせ千萬年の星々の地に下りるさまをみつめつゝ居り 

・行きずりの人のふりむく目を追ひて音もなき街の花火を見たり

・火花ひらき散りて消えゆく瞬間の眸(め)のさびしさは眸(め)を迷はしむ 

・生きものゝみな亡びたる野に殘りひそかにもわが花つくりする 

・華やかにひとかたまりの薔薇をおき薔薇に見らるゝ樂しさに居り

・野うばらの手を刺す針にさゝれては人心地遠い泪ながせり

・情熱をこはしたひとに六月の花束を送る煙草もそへて 

・街角で花束賣るはわれならむ傷つきやすき皮膚の色見る 

・星ばかり散らばつてゐた大空にけさ青々と撫でられてゐる 

・ぶらんこはまつさをにゆれゆられてるこどもの髪が日にかゞやけり 

・遠き日のさいはひばかりおもひ居りこの深き空はわれを泣かしむ

・白き熊空のはたてを横切りたりいきれに立ちて吹きおりる風 

・廣告の風船玉のつなを引きふるへて居りぬむなしごゝろの 

・輪を描きて鳶舞ふ空の静寂(しゞま)ふかく日のありどころ朱ににじめり 

・風船が文字とばしゐる晝さがりちまたをゆるく自動車が行く 

・何とかの頬紅といふ異國品飾窓(まど)にならんでもう夏もなき 

・窓べりの鏡のなかにこちら向き笑はぬ顔のわれが歩めり 

・赤き花になにやらなごむこゝろありモナミの窓は空をうつさず 

・眞白足袋うすくよごれし悲しみをシヨコラの湯氣にうすくかくして 

・借りものゝ氣持でわれの歩む町見知らぬ人の顔ばかり來る 

・歸らうと早く云ひてよ人込みのにほひはわれをみなし兒にする 

・わが室に歸り來てくづす居ずまひに匂ながれて花束があり

・灯をよせてしみじみわれと見對へり鏡のわれは貧しき眉せる 

・窓に凝(こ)る息吹きしづかにうすれ行き目ばかりのわが外(と)にとけて見ゆ 

・睫毛ながき死顔なりきうつしみのつかれのはての美しさなりき 

・春死にし美しきひとの叡智の眸(め)発光體となりて散りたり

・世の中を死にしひとゆゑよりそへば霧のにほひがつめたく立てり 

・春日なた時計のねぢを逆にまはしさてひそやかにまみつぶり居り



小玉朝子『黄薔薇』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/222306

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。