読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

早野臺氣(二郎)『海への會話』Ⅰ (モダニズム短歌)

 
・夏なれば朝の砂濱にましかくにガラスたておく拔けとほりゆけ

・覗きをる日覆(ひおひ)の裂け目へうみのなみの横たひらかなみどりがながる

・KIRA KIRAと硝子かついで泳ぐなるせなかのうみは午后なり波あり

・海にむけ飛ばされおちし日覆ありぱつとひろがる赤と白との潮(しほ)

・風船に鼻あててゐる草のなか秋ふかしこころも破裂へちかし

・しよんぼりと霧に飢ゑをるえんとつのまるみなり日暮れはこころも猫なり

・けぶりなきえんとつのうへ天國の會社はやすみと雲ながらふる

・しら雲へ眼のゆくこころもあいすべしたのしい土曜を箱に腰かけ

・うみへ向ふこころに日あたる坂があり鯛も暢氣(のんき)に山にハネをり

・薔薇墻(ばらがき)からわれの半身いだすときえんとつにちかく月のぼりてあり

・並木若葉のまつさをなおくへ追ひたれば象のからだの輪廓のこる

・山したの竹藪はわれの少年をもいちどふわりと風に縦(たて)にす

・谷のなかで五月の楓はBAVARIAのあをいえんぴつの隣りへたふる

・スリイ・キヤツスルの丸鑵靑紙(まるくわんあをがみ)みてたのしこころいつしか日本にはあらぬ

・BOUTONNIERE(ブトニエエル)に薔薇植ゑこめば胸のうへ世界のえんとつをかんじくるなり

・なんとこの素敵な日よりの薔薇墻(ばらがき)へピストルおとし手のやりばなき

・スカアルをはしらすあたり鯛鱧(たひはも)のうみの家具ならびいつもたのしき

・鐵の手すりの魅力はうつくしい白なればあなたと距離ありうみのうへなり

・しだり櫻の尖にはさくらさきおもり芝さへ裂かるつちに針生え

・谷のあをい空氣でふらつく木のまへにフランスよりこしカメラマンがあり

・樹からこし蝸牛をゆびにははせをればにじるじかんが谷のふかさになる

・まつさをな楓をしたへさしとほるひかりの妹ネムの花あり

・樹さへ草さへともだちなれば兎にも旅行以來の時間表を貸す

・かたはらの樹のなかに樂器を隠しつつあなたにあげるといふは恥(やさ)しき

・キートンがひよつとでてきて愛してる映寫機のなかへかくれいりたし

・素裸(すはだか)で桃さく空氣にふれてゆけ雲なんてさかんに足もとながる

・棕櫚(しゆろ)の木に柔らかく天使のかげありて樂器ヴアイオリンじかんにながる

・ペエヴメントに歩をはこぶ靴の黒がみえ白みえ黒がみえうごくあひるみえ

・街路樹は枝なまじろく尖(さき)濡らしそらなる肉へひかりしたたり

・美しいリボンをこころに結びをれば萩のはな靡(なび)く關(かかは)りのあり

・やまがだんだん日暮れはあつまりくるゆゑに靑さにおされて塔ぞひくまる

・五重の塔をちかくの萩がうづめ去ればはなふかくなりぐるりに手をだす

・まつさをな風船も肩からはなれゐてガルボのかほにみなとのひるあり

・出船カラノビタルテエプガテヲハナレひらひらナビクトサビシクナルデス

・えんとつの尖(さき)はえんぴつのシンなれば海に鯛ちぢみひる零時なり

・靑じろくふるるえんとつ月よなれば猫の永遠なやはらかさあり 

 

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。