田島とう子 増補 (モダニズム短歌)

 

・屋上のともしき土に誰(た)が植ゑし鳳仙花のはなこぼれてやまず 

・月にさへかくれまほしくせし秋のいたきおもひはわが影となりぬ 

・逝く秋のひと夜のをごりセロ聞くと好きなる衣(きぬ)をとりいだしたり 

・ひとも無く會場もなく音律のながれにひたりてわれさへもなく 

・さぎりの鋪道のおち葉フイナーレのピニシモなほ耳にのこれる 

・つくづくと汽車にゆられてゆくこころただ秋かぜを聞かむばかりに 

・とんねるは山ひだごとにかかるらしはざまはざまを水のながるる 

・しんしんと落葉松(からまつ)ばやしはてもなしあるとしもなき逕のひとすぢ 

・細川のみなもとのみづ湧きあまりながれなづみて堪へしづもる 

・岩かげにわきてたたふる眞清水をしみらに見れば水泡(みなは)ごもれり

・生れて二日といへばみどりごの熟睡(うまい)かそけくてこの世のものならず

・兄といはれてすこしはにかむをさなごのこころは下にさぶしめるらし 

 

・おそざくらおそく咲きつつうらぐはし陽はみなぎらふ靑ぞらのもと

・植物園とおもふあたりにゐる靄の白き朝靄おほに流るる

・朝の陽はうづに射せども起きいでてなににまぎらふわれかとおもふ

・春の夜の月としもなく冴えわたりゆくへもしらず白雲ながる

・夜深き月のひかりはくまなくて槐若葉を照り透る見ゆ

・はるなれどはるかにおもふばかりにて白き花など身近くにおく

・山吹の散りてひそまるひとりゐのこの氣安さにふたたびかへり

・ひとりゐのはるのこもりゐやまぶきの白きをさせば散りやすかりけり

・めじるしの三本松をまがるとき梢蕭々とゆくかぜのあり

・たはやすくよろこぶわれかアパアトもこよひ菖蒲湯菖蒲のにほひす

・時すぎて桐のはなばかりなりあひあひてまづいふことはなにごとならむ

・つくづくとあひたきこころ汽車ながら松蟬きけば泪しながる

・いくへにもかさなる山のとほやまのあの山とおもふはたてのはろけさ

・麥熟れて穂波そろへり近づくと思ふばかりに胸ふたがりぬ

・かなしみていくたびゆきしみちならむまたしくしくにかへりくべけむ

 

 

 モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。