兒山敬一  (モダニズム短歌)

 

・草木みなよみがへるべし、生れきて 鳥むれわたる朝の停車場。

・うちつれて夕空わたりゆく鳥の、この世ながらのはるかなるかも。

・月の夜の蟲ましぐらに鳴きつづき、濃尾の原の夜となりにけり

・動きやまず 松の葉ごとの月のいろ、眼にしむときの身はほそるなり。

・いたいたしく冬の海なれば、眼をとぢて ふたたび波の碎くるを見ず。

・病ひいつかいゆらん時ぞ、春となり 木に花さきてまた赤からず。

・日にむけば 水も金魚もいきてゐれど、いゆるすべなき病ひは暗し。

・いちぢくは靑のいのちにみのれども、いゆらんときの病ひならず。

・池にそうて歩いてる。ぽんと黄いな月の出。

・めがさめる池で、朝舟(あさふね)と 藻ぐさ靑にきらめき。

・池の面(おもて)しづけく、輪をゑがく、しばらくの朝。

・寝ざむれば障子めにはゆし、鳳仙花 あかるむ影に落ちにけらずや。

・病みつづく眼にはるかなる靑ぞらの、雲しろき秋となりにけるかも。

・風とほく、いこふみ寺のさ庭べの つはぶきの葉のうすひかりかも。

・つはぶきの光うすうす歩みきて、冬日だまりに身は疲れたり。

・葦の葉はこもる靜かさ、あふぎみる 雲間を動く月のいろしろし。

・いま蓮池(はすいけ)となつてゆくことの、夏となるわびしさ。

・縁さきの木馬ぬれをり、ひえびえと 塗りの落ちたる片眼を見張り。

・夏だたみ、いのちは悲し 蜘蛛の子の 生きむらがりて走ろふ見れば。

・畑なかの靑きひかりの葉にゆれて、てんたうむしが眼にわづらはし。

・うすれ日の光にやせて、身ごもれる 犬は街路のそらを仰がず

・木木の影、ひかり、はためき、硝子戸の 静もるそとの嵐なるべし。

・鉢あふれて いのち生くべく生きものの、水うつうろこ散らすべからず。

・晴れて一點の雲なし、眼をふせて ななめの日影をかなしと思ふ。

・星窓(ほしまど)に松葉こまかにゆれながら、眼はかたくなの ゆれて見てゐる。

・踏めばかるく這ひだす影と影、靴ふくらみ、かくもあかるいまひるのまち。

・うみぞこに鯛に肉ども食べられゆき、眼だけはせめて人間であれ。

・ぽろぽろ ひかりか知らず、やみに濡れて、眼玉のふちがこはされてゐる。

・世にもみじかい日にすぎて、いちじくの葉かげは さびた。

・あはれはふかいみどり葉のひろ、みてみようとするいちまいごとに 日はくもる。

・こはれさうに日がたつて むかしあの 金魚さむしく水ゆれる。

・夕日にゆれてゐた水の、ころびさうにする金魚 よわい。

・かたむく夕日の 池水あさい 金魚かたむいてゆき。

・もくもくとひら押してくる、いくまんとなき 夜(よる)のくろさに手だけ觸れさす。

・ひびいるほど指みなひらき、眼のさきへ、方角のない手のすぢを散らす。

・黒濡(くろぬ)れて眼にしむままに絲となり、闇にもつれてこまかくなる。

・かきまはす闇にもつれるいくまんの線、ただ一線は動かずにゐる。

・夜(よ)のやみが あたかも生きてゐるやうに、絶望のそこを なほ歎かしむ。

・人間のなにを殘さう、闇にみる 眼だけはこれを離さずにゐる。

・夜(よる)とほく野に嚙んでゐる闇けむり、胸はいくへの黒みかさなる。

・星とおもふ曠野(あらの)の果てか、やみけむり 追ひかける眼にがらり散るおと。

・よひやみの波喰(く)ふひかり、死なされた 魚のうろこの重みがくる。

・やみより遠く 岩間くだけてくるうろこ、地球のよるの碎けくるおと。

・海ぞこから生き吹きおこすやみつ風、眼(め)すぢはそこのみだれ藻(も)にゐる。

・磯はるばる 波きつてゐる魚がゐるとも、ひとりか知らぬ地球とあるもの。

・きりきり動かして靑ぞらは このゐる、四角い窓をへだたりゆく。

・四角い窓へ はりつけた靑ぞらきり、がんと一羽の鳥をぶつけろ。

・とぢた靑ぞらまつぴる光線が、はだかの 洋館のかどを落ちて剝(は)がれる。

・窓に日ざしかたむき、病んで靑ぞらのゐる 角度のままの まなこひろがり。

・君がかうもりさしてはひつていつた、闇のそのくぼみは雨となり。

・波をひろげて波となる、海のうへの模様であつた。

・くろぐろ桃の木がありといふ、時の切りひらいた秋ぞら。

・かげ散らすまつぴるの空に見あげる、桃の葉裏(はうら)はことごとくしみる靑さだ。

・そらを切つてことごとに流れる、葉かげに散れてゆく桃の木の葉。

・冬ぞらはかさなる、あをあをと あらゆる方向を動くのである。

・山のいただきは雪をこばみ、そらをくぎる山の存在は、こもる をどる線となる。

・飛ぶのだ ことごとくそらの雨となり、ゆくても結論も見ず。

 


モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。