春日 衣巻省三  (稲垣足穂の周辺)

 

    春日
          衣巻省三

猫と一室に戯れつくしても暮れなかつた
もう殺すよりほかない!
首をしめ終へると日はやつとくれた
死んだ猫はピクピク手を動かすのを止めない
春日は夜の中に僅かに生き殘つて手を動かしてゐる

     空腹

初めお腹の中に虹がたつてゐる──あした天氣になあれ
──やがてその空が暮れゆくと蛭が這ひ出してきた

 

    デメキン

  夜のレデイは、いづれも金魚のやうに生臭い。出目金(デメキン)が、どつかで近づきになつた女を思ひ出させた。

     美しい時代

  頂上は寳石のやうに輝いてゐた。もうそこは手がとゞきさうに近かつた。
 君は空からやつてきたのだつた。僕の額をふみながら。
 そこで君のあみあげの靴に挨拶をすると、目を鈴やかにして落ちて行つた。止まりたかつたのだが………。
 君は水晶のうつり香をもつた少年だつた。
 はるかの下で、君はいつまでも手をふつてゐた。
 ひと束の菫の花の湖と、空色のシヤボン玉の煙をたてたゼンマイ仕掛けの汽車と。
 君はそれらと共に消えた。僕はさびしく暮れのこる。
 僕たちは美しい世界に住んでゐた。

 

 

 

 『FANTASIA』第3輯 昭和5年(1930年)6月号

 

 稲垣足穂の周辺 目次