睡眠  山中富美子  (詩ランダム)

 

睡眠

        山中富美子

白い叢に隠れて、眠る天の腕が私を抱きにくる。私の足が地を離れる。毛布が脱げる。身体が雲の外に出る。翼が空を切る、私は海に飛びこむ。波は私を呑み、その口から一個の石を吐き出す。寢臺の中でそれが薔薇色の肉體に變る間、天の地圖の上で、はぐれた夢が路を探してゐる。夜明の地球へ歸つてゆくために。

 

 

 

野田宇太郎編『火枝』(糧発行所 1939)

 

山中富美子 思出

山中富美子 海岸線

山中富美子 姿勢する

山中富美子 園の中

山中富美子 聖夜

山中富美子 沈默

山中富美子 夜のイニシヤル

山中富美子 夜の花

 

 詩ランダム