育つ夢  荘原照子  (詩ランダム)

 

育つ夢

           莊原照子

 エリカの髪に頰を寄せて、わたしは白い垣根に別れを告げた。沙丘のその果てに夜の落葉がふるへてゐるとき、あなたのマントはどんなに長く地をはらつて行つたらう。けふわたしの指に唯二つ光つてゐる外米。どこか遠い星の蔭にゐて、ああエリカ……君はぼろぼろと匂ひこぼれる寶石をなほ美味と呑んでゐやう。

 

 

 


『現代女流詩人集』(山雅房 1940)より

 

 

 

 

荘原照子 魚骨祭
荘原照子 シユミイズ

 

詩ランダム