寛大の喜劇  山田一彦  (稲垣足穂の周辺)

 

寛大の喜劇

            山田一

    Muse abstraite

圓るい鳩はミロのヴエヌスである:

と太つたエレエヌはトーモロコシを見ながら唱つて居る


    天子になつた俳優

"L'OPERA est une sorte des Venus"

と太つた天子は笑ふ:


オペラグラスを毀はした人間は鼻眼鏡を着けよ


    opera indulgent

(2) APOLLO も nudite は毀すのである:

(1) VENUS はワラのシヤポを冠る

(3)OPERAOPERA を比較して見やう


    paysage Commique

APOLLOMUSE の裸體に見惚れる:

APOLLO は聽診器をつけた醫者である


    Comedie indulgente

     (1)

電話のレシヴアをつけて私も見てゐる彼女は:

寫眞にすぎないのである

     (2)

女獵師は圓い腕を持つて片目を瞑つてゐる

彼女のワラのハンテングは獲物を見て居ない

     (3)

オペラバツグを兩手にさげて唱ふエレエヌ:を足首から秤にかけてみやう。といつた彼は・

彼は鬚を剃つて居る

     (4)

鏡にむかつて髪を刈つてゐるエレエヌを逆さに測つてみやう:

舞臺の彼女は唱つてる

 

 

※アルファベットと日本文字の間のスペースは誌面をできるだけ再現しようとしたものです。

Muse abstraite、天子になつた俳優、opera indulgent等の段を下げた文字は、他の文字の半分程の大きさなのですが、再現出来ていません。

 


『衣裳の太陽』NO.1 昭和3年(1928年)11月 


山田一彦 惡魔の影
山田一彦 海たち
山田一彦 CINEMATOGRAPHE BLEU
山田一彦 二重の白痴 ou Double Buste
山田一彦 PHONO DE CIRQUE
山田一彦 無限の弓


稲垣足穂の周 辺 目次