時間  井上多喜三郎  (詩ランダム)

 

時間

         井上多喜三郎

近よる時間を帽子の中へかくしておいた。


急いでやつてくるあの子。


僕は帽子をとつて 高く打振るのでしたが
帽子の中からは 花粉が麗かにとびだして


僕等をすつかり包むのでした。

 

 

 


『MADAME BLANCHE』第10号 昭和8年(1933年)10月


井上多喜三郎 綴れない音信
井上多喜三郎 窓

 

詩ランダム