蜻蛉  井上多喜三郎  (詩ランダム)

 

蜻蛉

           井上多喜三郎

靴みがきの大將は お天氣にまでブラシをかける
  〈僕の足趾をとらへると のんきに口笛をふいて〉

 

スツールのまわりで いつも 香を噴く新英ら

 

となりの花屋が頰に映つて
僕を離れるネクタイでした。

 

 


※原詩では、「映つて」の「映」→「うつ」の振り仮名あり。


『MADAME BLANCHE』第12号 昭和8年(1933年)12月


井上多喜三郎 言葉
井上多喜三郎 時間
井上多喜三郎 綴れない音信
井上多喜三郎 窓

 

 

詩ランダム