2018-07-08から1日間の記事一覧

策取  西條成子  (詩ランダム)

策取 西條成子 靑い風の中を悲しく光つて柩が通るとき 白い夜の奢りの饗應に花の蹂躙を忘れなかつた 惡魔等の冷たき笑ひはそこに始まり あやしげなその響きは谿間の白い階段に突き當つては 死んで行くのでした。 『MADAME BLANCHE』第8号 昭和8年(1933年)7月…