2018-08-11から1日間の記事一覧

高屋窓秋  (モダニズム俳句)

・我が思ふ白い靑空ト落葉ふる ・頭の中で白い夏野となつてゐる ・白い霞に朝のミルクを賣りにくる ・虻とんで海のひかりにまぎれざる ・蒲公英の穂絮とぶなり恍惚と ・さくら咲き丘はみどりにまるくある ・灰色の街に風吹きちるさくら ・いま人が死にゆくい…