2018-08-19から1日間の記事一覧

藤木清子  (モダニズム俳句)

・古衾惡魔に黑髪摑まれぬ ・向かいの壁が眞赤で夜なべ鍛冶 ・麥の穂や海の深淺あきらかに ・初秋よし靜脈透きて脈搏つよ ・飢えつつも知識の都市を離れられず ・さびし春機械の如く生くる妻 ・ひとり身に馴れてさくらが葉となれり ・花の風つよければ海藍靑…