2017-09-23から1日間の記事一覧

美木行雄 Ⅱ (モダニズム短歌)

・斷髪が 日にぱつと搖れ、 びるでんぐの角を 踵で廻る 洋裝の女。 ・街はづれの 暗い坂の上で、 へつどらいと ぢーつと廻り、 ─女(ひと)を乘してゐる。 ・ぱつと、 燭光をうけてあげる 横顔の、 鼻筋はきんととほり、 輝く眼のいろ。(Miss Junea) ・しよう…