2018-06-05から1日間の記事一覧

心  澤木隆子  (詩ランダム)

心 澤木隆子 叢には草花が咲き 山の端に月も 痩せてゐる。ふところ手をして歩いてゐるとだんだんと心が自分から離れて行くのであつた。 『Rom』(紅玉堂 1931)より 澤木隆子 記憶澤木隆子 額のばら澤木隆子 雪 詩ランダム