岡松雄 履歴その他 (モダニズム短歌)

 

岡松雄(おかまつ たけし) 

履歴
1908年(明治41年)8月12日
高知県幡多郡奥ノ内村(現在の大月町)に生れる。

1925年(大正14年)4月1日(社員名簿には3月2日入社とあり)
上京。書肆冨山房入社。同所で『橄欖』の小笠原文夫を知り短歌に興味を持つ。

1931年(昭和6年)
前川佐美雄・石川信雄・蒲地侃・小笠原文夫の『短歌作品』に加わる。

1934年(昭和9年)
前川佐美雄の『日本歌人』に加わる。

1935年
早崎夏衞、加藤克巳とともに『短歌精神』を創刊。

1936年 
若手歌人の集まり「四月会」に参加。『四月會作品第一』出版。(12月)

1937年(昭和12年)2月
処女歌集『精神窓』出版。

中央歌人にも参加とあるが、いつなのか特定できず。

1942年(昭和17年)
(昭和16年まで冨山房社員名簿に記載あり)
太平洋戦争による統制のため国定会社中等教科書KK発足に伴い冨山房より自動的に同社に移る。

1945年(昭和20年)
検定制度復活のため国定会社中等教科書KKを辞す。

1950年(昭和25年)11月5日
堀口時三郎、上田穆らとともに『次元』創刊。

1961年(昭和36年)11月1日
有限会社秀英社創立。印刷会社。

1964年(昭和39年)11月
第二歌集『木石』出版。

1972年(昭和47年)11月
文京区白山に新社屋を築す。
『自選全歌集』出版。
この歌集後いつの頃か『次元』を止めて加藤克巳氏主宰『個性』へ参加したようですが、未だに特定できず。

1984年(昭和59年)6月19日
死去。

参考文献
著作

・『精神窓』 協和書院 1937/02 短歌精神叢書 
処女歌集

・『木石』 昭森社 1964/11
戦後の歌の集成。

・『岡松雄全歌集』秀英社 1972/11 
全歌集とありますが、それまでの歌集の抜粋と歌集外の歌の集成です。それまでの歌集の序文等も再録。

・『宮崎源井』
中平 渥子/編 岡松 雄/制作
〔出版者不明〕 1977/05
岡松氏の小学校の恩師にして、義兄の短歌、俳句、随筆等、地元の新聞その他には発表した文章を集めたもの。

 

アンソロジー
・『四月會作品第一』
交蘭社 1936/12 

・『日本歌人クラブ 年刊歌集 1955』 日本歌人クラブ年刊歌集編集委員会/編
日本歌人クラブ 1955/03 

・『日本歌人クラブ 年刊歌集 1956』 日本歌人クラブ/編
日本歌人クラブ 1956/05
 
・『昭和新短歌選集』 福田廣宣/編
現代語短歌の軌跡と展望 角川書店 1979/10
新短歌ではないのになぜか、早崎夏衞氏ととも岡松雄氏の歌も収録。

・『個性三十五周年記念合同歌集』 個性の会/編,三十五周年記念合同歌集編纂委員会/編
個性の会 1988/8

 

序文等
・『汐騒』 立道正晟/著
潮騒 秀英書房 1965/8

・『林登免香』 林登免香/著,林祖雁/号
林茂木 1971/4 
同郷の方らしい。

・『夕茜』 飯田清/著
秀英社 1977/3 


岡松雄氏の履歴調査・資料収集に際して、高知県立図書館の若くて優秀な司書さんに御協力戴きました。初め、岡松雄氏に関して歌集は『精神窓』しかなくどの結社にも属していない、履歴は全く知られていない歌人という認識でした。どこから手を着けていいのか分からず五里霧中だった中に、司書さんが適切なアドバイスやインスピレーションを常にタイミングよく与えて下さいました。特に『全歌集』を見付けてきて戴いた功績は大きく、その後調査が大きく進展しました。普段から応対が丁寧で利用者の立場で考えてくださる素敵な方なのですが、とにかく今は感謝あるのみです。

 

 岡松雄『精神窓』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/011724
岡松雄『精神窓』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/015904

 

モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

 

中野嘉一 Ⅰ  (モダニズム短歌)

 

・これが薔薇の花であるかといつて雀が一匹垣根を越ゑる

・電子(エレクトロン)ら 春の沿岸を泳いで 白い生物を探検する 眞空の世界は遙かに遠い

・毀れた街の斷面 水族館の硝子扉に石化したははこぐさ達

・好きな幾何學が曇つてゐる 天井の雲雀は靑ざめてゐる

・たんぽぽ色の子供が嗤へば ペーブメントの空気はみるみる稀薄になつた

・肋骨のあひだに大きな鴉が下りた 鴉はさみしい音樂を択ぶ

・肋骨のあひだに暴虐な少年がゐる ひどい近眼鏡を懸けて

・透明な無風の眞空の世界 悪漢の瞳はサフランの花瓣である

・瓣膜をあけると 白い石だたみが傾斜してゐる 遠方に明るい地點

・時計臺の下の細胞組織を ああ美妙な馬鈴薯の花瓣は潜航し始める

・太陽が翼のあかい小鳥らをぶつつけてゐる野つぱらの明るい扁平足

・自記溫度計の内部(なか)を占める純粹理性は電子(エレクトロン)らの優しい獨りの娘

・部厚い手の甲のやうな鉄いろの海、海。一度に私の意識を擴大した

・白い家の屋根に花瓣(はな)を敷き蜜蜂らの墓を經營する少女と僕と

・貧しい午後の蜜蜂ら 可憐な汗を零して花瓣へ墜ちて行つた

・鹿らの角を埋葬しよう白い街の区域に その街は僕の眼球のうちにあるのかしら

・未だ太陽に異常がない 雨滴らと美風な星らと虹晴れの喜劇を夢みる

・墓地經營者の白い沓(くつ)に入つて蟻らの脚らすみれの花瓣ら永遠にたのしみ給へ

・朝つぱらから銀いろの乳母車が白菜の匂ひとレーニンのデッサンを載せてきた

・無線電信塔は神聖な白い掌 開花する蓮の花ら 自働開閉橋

・太陽の掌からシガレットの白い陽炎(カゲロウ)を吸入してゐる、タバコ畠の白い尺度(ハカリ)と少年と僕と

・美風な齒車のために貢献した僕達の隕石らとそして5ミリグラムの蟹の心臓(ヘルツ)達!

・白い地球儀のかげに海べがあれば少女よ日傘をひろげよ

・優美な鮫の血がながれてゐるだらう植物の綠の晴衣よ

・電柱はたんぽぽのやうな月を飾りもう夜あけである事を示す

・夏菊の花白い胸の小鳥みんな物質は軽い衣につゝまれてゐる 

 

 モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

廣江ミチ子 Ⅰ  (モダニズム短歌)

 

 

・花ひらく この家のフラスコは既に壊(こは)れた 古びたる庭の隅で羊齒は風琴を彈(ひ)いてゐた

・音符の灯がついた あかるい階段を一つ一つのぼつて行くピアニストのてぶくろの影 あれはラヂオです

・いく晩も年りんに月が出た 稚魚の住む みづうみは銀のらつぱである

・海へ流れたヴイオリン だまつて切符をさし出す

・せめて風のすぎるをきかうよ あの音はほら二人でのつたブランコの繪だ

・夕ぐれへ 赤い燐寸の軸をならべあふ 街は つめたい花の土にしみ

・まひるの影さした 海はとほく去り 時計台の砂しづかにこぼれてゐる

・あの音だ うみぞこのとほい魚族にまはりどうろうの繪をきりぬいてゐる

・くびわにリボンをはめて過ぎて行つた 船は季節の可愛いい小犬であらう

・いく枚も葉脈に灯をとぼし 顯微鏡はゆれていく聖歌隊であつた

・つめたい葉脈をのぼつて行く あしうらはさびしい 小虫だつて一つづゝ水筒をもつてゐる

・翅をたゝみ そつと脊のびする ボタンの穴に家々夕げをたべてゐる

・コトコトとゆれながら オルゴオルは海をわたつてゐた 言ひつけを 私は忘れてはゐない

・驛に 古びた影繪が停り 火藥さびしう うしろみてゐる

・かいだんにとまる騎馬のひとみ ゆうべの花火であつた 

・木はかすかに耳たてて 往つたほばしらは粉雪に海圖 ぬれてゐる

・傷痕のすあしに椎の木がついばんでゐた 蟲は家に硝子をはめて歸へる 

・明るい 瓦斯にとまる扇の繪 馬にはひとり羽根のばうしだ

・一頁 階段といく 風車の砂をはかる日よ 旗ふる手は袋があつた

・海にいく ゆふぐれのぎん紙に描く 霧たつ少年と鏡面がうつり

 

 

 モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 

  http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

日比修平『冬蟲夏草』Ⅰ (モダニズム短歌)

 

 

・斯きて花ひらかせし罪ゆゑにひとでとなりて土にひれふす

・溫室の天のガラスに海港のとある場面がさかさまに見え

・御(おん)とのゐ絶えてあらねば球根はにく厚き芽をふきにけるかも

・溫室にぬすびとひそみ居るなれど花瓣がそつてひらく夜となり

・裝束のふくめんいまは脱ぎすてて花の變化(へんげ)を隙間(すきま)見するも

・粘土をばぱんぱんたゝく家の灯が干潟にとどき更けわたるなり

・めろめろと紐やうの蟲這ひゆくは水のたまりをさとりしならむ

・夜をひかる蟲水中に無數ゆゑ下駄や位牌がうちよせられぬ

・軍艦が照らしいだせど貝るゑは夜のいとなみを恥ぢらはぬらし

・猫族が貝がらを嚙むおとかなし干潟のそらに菌絲萌えつゝ

・靑貝のかふすぼたんはしのばせて杏の花のしたにしやがみぬ

・てふてふはとてもしつこいよしなれば伏せの姿勢でやりすごすべし

・なめくぢはまだ棲まねどもとろとろと日のけぶる野は痒くてならぬ

・たなごころに觸るる生毛よ梨の花遠野にうかぶ晩ともなれば

ももの木をゆすれどこれは樹木にてぜんたいとまれと木靈(こだま)が云ふよ

・花々の瓦斯にやられた鳥が居る赤いまつちをすつてくだされ

・をみなごは帷子(かたびら)あわあわ羽ばたきて茗荷(みようが)畑のそらを過ぎゆき

・貝類はすがたしどなく小波のひそけきままに動かされ居り

・びやうにんの列は音なくさざなみの白きわらひを踏みて行くかも

・らんかんにしてらしやめんが息づけどここにたくさんあるさぼてんなり

・をとめごの寝ほるるころをあららかにはちすの花は開きけるかな

・眼のみえぬかはずとかげはからたちにさまも無礼になげつけられし

・さかな飼ふ館(やかた)のあるじいま眠り靑い魚群にうなされてゐる

・ところてんそのほかへんな臓腑などが枝にまつはり空にもおよぎ 

 

 

 モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 

 http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

水夫とマルセイユの太陽  星村銀一郎

薔薇の化粧をしたマルセイユの太陽は軍艦のマストの上で逆立をしてゐるやうに
水夫は船窓の花の中から桃色のストツキングに包んだ足を出してゐる
水夫の喫つてゐる暖かいコステユームに似た煙草は花屋の煙突である

港に菫色の薄明が盗人のやうに足を運んで來た時には
水夫は旣に午前の睡眠の上に落ちかゝりながら漸く腕を支へてゐた
マルセイユの太陽がパイプを啣へてやつて來た時にはアスパラガスのやうに微笑つてゐた

マルセイユの太陽には水夫は借金がない筈だ
波斯猫が眞珠の目を瞠つて遊戯を眺めてゐる
マルセイユの太陽が再び薔薇の化粧をして
パリアツチのコステユームを着て歸つて行くのを煙草を吸つてゐた水夫は知らない
桃色のストツキングが綠色に變つて其處から足のない海月が顔を出してゐるのも知らずに水夫は頸を振つてゐる

 

 

モダニズム短歌  目次

明石海人『白描』
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/13/230925
筏井嘉一『荒栲』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/27/191354
石川信雄『シネマ』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/215534
小笠原文夫『交響』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/01/032155
岡松雄『精神窓』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/011724

岡松雄 履歴その他

http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/06/27/050358
加藤克巳『螺旋階段』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/04/06/103311
小玉朝子『黄薔薇』Ⅰ 
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/222306
斎藤史『魚歌』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/214540
高須茂
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/02/031743
田島とう子
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/20/210639
田中火紗子 Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/02/074333
津軽照子『秋・現実』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/03/214956
中田忠夫
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/20/224223

中野嘉一

http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/06/20/021145
早崎夏衞『白彩』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/045054
早野臺氣(二郎)『海への會話』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/04/20/010026

日比修平『冬蟲夏草』Ⅰ

http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/06/08/214448
平田松堂『木苺』
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/11/145006

廣江ミチ子 Ⅰ

http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/06/08/221632
前川佐美雄『植物祭』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/04/07/031930
松本良三『飛行毛氈』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/26/072047
美木行雄 Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/04/24/121335

 

 

中田忠夫  (モダニズム短歌)

 

・さるにても遠き月日よあまざかるIRANの空に馭者座(カペラ)がまはりし 

・遠くにて銀河のめぐる夜々(よよ)となり魚(うを)の目玉にガラス植ゑらる 

・牛追へば白き月いでぬ郷愁よ樹々を吹く風に言葉はならず

・かぎりなく散るは鱗翅か秋なれば窓に硝子の波紋もみえくる 

・野の果てに石(いは)のごとくに棲みついてもう明け暮れに悔いさへもない 

・十月の空の深さの下ゆけば君の日蝕晝の星でる

・地下室に薔薇花(ばらばな)うゑよひんやりと壁にあなたの溜息かかる 

・驟雨(スコール)は海から襲ふ構へなり國際市場に赤い旗でる 

・世界は今なべて夜なれば嵐ゆく闇のなかなり音のみきこゆ

・遠くから軍馬の列の近づけばすでに地獄のうたごゑあがる

・娘らの微笑はいつも羚羊の跫音(あしおと)のやうに臆病なりき 

 

 

 モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。