平井乙麿  (モダニズム短歌)

 

・五月 靑い靑い 班猫(はんめう)のやうな眼になでられ ガラスのやうに痩せて 寢てゐる私

・肉体ふかく 靑い魚のやうな眼と 班猫(はんめう)のやうな眼とがさいなむ 私といふものを

・眼をつむれば 白い細い線 眼球をくるみ肉体の底ふかく 細胞は崩れおちる

・愛も憎しみも 水のやうに沈んでゆけ 肉体 靑葉の頃を 白う透(す)けていつた

・赤線を越える体溫計 眼をつむれば 腦漿の澱みの遙を 死は 水のやうに沈淪した

・疲れた眸を 白い白い風の流れ 風の流れに透(す)けた掌(てのひら)の 掌(てのひら)の死の陰翳(かげ)を ベッドに見た

・夜の凋むロビイ 星は 冷たい灯をともして網膜の底ふかくを すべりおちた

・靑い靑い 木の實のやうな情熱の ひとすぢに攀ぢのぼる胸の 恢復期に向ふか

・風 風のながれ 風のゆくへ 風のやうな愛情ゆゑに 白いたんぽぽの 流れだつた

・季節の 風速計量器と云はうか たんぽぽの絮毛 白いカァブを 野に描いた

・巻直した帶のはしから たんぽぽの絮毛がとんだ 白い足 生垣をすぎた

・純白な フランネルの暖さで A・M XI時の太陽光線を 背負つて歩いた 雪原

・風ふけば 風のゆくへにくづれる 白い細い噴水塔 ひつそり 黎明(よあけ)のベンチに來た

・ポストマン ひつそりすぎた 蔓ばらの垣根を透(す)けて見える 白い胴体の犬

・蔓ばらの 小さい風に吹かれた──記憶のなかに 野茨が咲き 少女がゐた

・少女 乳の角度へ 赤い小さい蔓ばらの花を咲かせ 齒を磨いてゐる

・やがて 力學的な春もおとづれるか 水銀は科學の正確な觸手を 空へのばす

・水銀の示角をよむ子供の小さい指のそばでフラウは 時計のネヂを巻き 正午のサイレンを待つ

・住宅の戸口の犬 ポストマンの冷く磨かれた合羽 樹木は雨に濡れ 風の方位に光る

文化住宅街の窓になるサイレン〈正午〉フラウはエプロンに手をくるめて 雨の樹林に向いて立つ

 

 

著者についての情報やご意見を戴ける方はこちらまで。
nostrocalvino@gmail.com

モダニズム短歌 目次 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilog歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

BAISER OU TUER  冨士原清一  (稲垣足穂の周辺)

 

BAISER OU TUER

           冨士原清一

acteurはmusiqueの帽子を被つたactriceを接吻し給へ

 (それは美しい殺人であるか)

acteurの襟飾のうへにactriceの長い指が覗いてゐる

 


ACTRICE TYPIQUE

actriceはmusiqueの衣裳を脫いで裸體になり給へ

actriceは優ぐれた腕をもつてゐる

それはacteurの腕をもつたactriceである

 


SECRET DE L'ACTEUR

襟にactriceの手袋を縫ひつけたacteurはactriceの口をもつてゐる

actriceはacteurに戯れ給へ

嬰兒の指をもつたacteurは殺人の指をもつたacteurであるか

 

 

 


『衣裳の太陽』NO.1 昭和3年 (1928年)11月


稲垣足穂の周辺 目次

加藤清  (モダニズム短歌)

 

・ひつそり影に沈む影 雲と草 僕を透明にする秋

・分解する落葉の原理沫殺し紅色素(アントラチン)と僕の心象ふらすこに沈澱する

・僕の夢にメスは入れまい タンニン 紅色素(アントラチン) 分解する紅葉に君の記憶ばかりだ

・しろい雲とコスモスの群落地帶 靑空に夢をつないで先生の顔で一ぱいだ

・繪具がなくて繪が畵きたくて泣けた日もある空に地に赤い葩をむしり捨てた記憶

・三面鏡いつぱいの秋空 新聞が散らばつて靜かな床屋だ

・貴女の記憶が赤いから赤い花かげばかりにゐて寂しくなる

・しらけかへつた草原の中に赤い服の少女ゐて曇天の重量を支へる

・靑葉の點描する鋪道に傾く影 白いパラソルに吸ひ込まれる夢がある

・水引草の花莖風に搖れる川べり 娘ら 夕月くだいて足を洗ふ

・僕の影にしみついてくる君だ命までつめたく沙山の冬尖る

 


合同歌集『流線車』昭和9年(1934年)

 

 

著者についての情報やご意見を戴ける方はこちらまで。
nostrocalvino@gmail.com
モダニズム短歌 目次

http://twilog.org/azzurro45854864
twilog歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

白井尚子 Ⅰ  (モダニズム短歌)

 

・何時の間にか私を笑はせてゐる爽やかな風、春はうつり氣な花粉をまき散らす

・左様なら、と賑やかに少女達、周章てゝ逃げられた魂を逐ひまわす私

・櫻草のひそやかな喜びが小さな客間のカーテンにやさしい息づきをおくる

・狹い部屋をとほつてゆく風、遠い野にタンポゝのわた毛がとぶ

・今日も亦一つ新しい歌を覺えて、こみ上げて來る喜びを靑空に向つて幾度も幾度もなげかける、晴 ! 

・何處からか來る花の匂ひをふんで、郊外の夕暮れを悲しまない哀愁とともにゆく私

・窓硝子に微笑ましい彼の人の童心、初夏の草花に盛り上る童心

・女は獨りゐを否定したい氣持でレコードの音譜をよんでゐる

・激流におし流される、月の白さはあまりにひそやか過ぎる

・幼い感傷と共に女はいつまでも虹のやうに消えたいと思ふ

・盛り上り盛り上る赤赤橙黄、新鮮な果物がこんなにも私の食慾をそゝるのです

・掘り下げろ掘り下げろ、素晴らしい寳物は遠い國のものぢあない

・まだ乾かない髪の濕りを風に吹かせて、遠い人の便りをよんでゐる

・そぎとつた月が愛情を失つた色で女に吐息させる五月の眞晝

・さり氣なく口笛を吹く、泪の目は歪んだ月に何のぬくもりさへ感じない私

・肉體を離れた魂が低い雨空に微光をつくり、一瞬時の信仰を生きようとする

・生活意識を失つた人間らの鈍い目の色、雨が自分の弱きを知り盡したやうな降り方をしてゐる

・諧調を失つた哀音を響かせて靜かに降りつゞけてゐる雨だ

・雨の窓を透してほそぼそと流れ入る一筋の光線の中でうたふ頌歌はふさはしい

・魂を脅かす雨、生命を顫はす雨、しかし其處に云ひしれぬ賑かさ

・この陷穽をどうして避けよう、雨空と私の親睦 ! 今日も亦疑惑と焦燥にくれようとするのか

・金色の雲にめざましい夕映え、葉鷄頭の赤、涼風だけが水色

・高々と伸びたダリヤの重さうな花、今日も亦涼しい私の部屋から氣づかひもなく眺める

・今朝咲いた薔薇の花がもう散つてゐる、蜩の聲にふと觸れたい私がある

・一枚の雲母の向ふに鳥のゆるい羽音、明日のユルい溫度がある

・土曜日のテニスコート、おぢさんと中學生の汗をはじくラケツトの音

・あかるい日傘のまぶしさにかくれた女の帶の秋草のしめり

・水にうつゝた小さな花だ──波を潜つて盗んだエクボ

・花粉をすつたネクタイに叙情詩は鍵を忘れた女の似顔をうつす

・降つて來る匂ひの陰影だ──陰影にゐる私の音だ

・眼を閉ぢれば窓々に洋燈が一ぱい、ヒラヒラと蛾が飛んでゐる

・レンズに冷たいネクタイの色、一條に流れる風でありたい

・ツイとゆく白い氣流に乗つて秋をわらつたアモアの花瓣だ

・靑空を走つた笛だ、遠くにチラリと掌に殘つた秋だ

・素速く摑んだボールだが──音は向の掌で、カン透明な晴だつた

・扉をたゝいて逃げた足音──オモチヤの喇叭をふきならす

・秋は翅に乗つて、女の尖つた綠色の呼吸にゐる

・空に鳴る音、音に霽れた兒供等の顔顔がある

・道を歩いても、秋は、空には、あの人の白い顔だけが殘る

・秋だ ! 音だ ! コスモスが一杯、透明にグングンのびたい私だ

・健康やかなまぶしさにゐる私、ボールになりたい──白い呼吸

・秋陽にきゝいる鏡心、歌はない風景がある

・光に光が咲いてゐる、響いてゐる、裂いてゐる、濡れてゐる、私だ !

・暗夜の丘陵にホタリと墜ちた私であつた、妖花の呼吸づきにゐる

・女は銀のスプーンにヒラリとわらつた、莨の吸ひ殻をふみにじる

・男と女と ! 男と女と !  コーヒーのホロ苦い霧の夜

・歪めた唇に壊れた蓄音機は狂想曲の冷たい秋だ

・摑めない──矢張り霧に捲かれたパイプの臭ひだ

・空氣を染めてかへつた聲だ、秋は吸ひ取り紙に殘つた彼女

・あなたから、私から、默つて脱けて行つた溫度のない溫度

銃口をソツとはづして原色のポーズで染めやうとする母

・鏡に並んだ奇蹟が、やがて悶絕する女の倒影に遊んでゐる

 

 

合同歌集『朝の機翼』

 

 

モダニズム短歌 目次

http://twilog.org/azzurro45854864
twilog歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

宮崎信義  (モダニズム短歌)

 


・海港。Empress of Canadaに展く窓──タイプライターがAmerica Americaを打ち續ける

・圓窓おして、潮風に醒める女。部屋には赤い南米航路地圖がはつてある

・ビルディング、ビルディング、その陰影らの迫力を追ふ瞳──螺旋階段に女が立つてゐる

銅像の上を雲が流れる。葉鶏頭の園。蝶が夕映えの空に消えてゆく

銅像の上を雲が流れる。〈黄昏〉街では娘らが花束を買つて歸つた

・花園の中に噴水がある。時にフランス語など話して女が小徑をゆく

・みなとへ續くアカシアのアベニウ。雨の日はキャバレイからひとときはワルツが流れる

・アカシアの鋪道のはては港。黄昏、エドナは山手からシェパアドをつれて散歩に出る

・鋪道にハンカチが落ちてゐた。領事館には三色旗がはためいてゐる

・空色の電車が朝は殊更明るい。午前八時、ユニオンジヤックがひらひら掲揚塔(マスト)を昇つてゆく

・暫く安全地帶に立つてゐた。入道雲とビルディングのコンポジションにフオッカアが飛んでゐた

・空に暮殘る棕櫚の木、葉もゆれず、秋近い日の別莊である

・林を過ぎて林に入つた。黄昏の海はカクテルのにほひがする。

・林木立の間から池が見えた。池のふちには白いベンチが一つ置かれてある

・谷へ展く針葉樹林、重つて、重つて、腕時計に雲がうつつてゐる

・メカニズムは九月の感情か。セダンにゆれる靑空の樹木ら

・秋風が吹く白い部屋。窓ぎはのベッドに體溫計が忘れてある

・靑空へ枯葦の莖が一本──この徑を行くと湖へ出る

・風が渡ると松はとても淋しかつた。宇宙の底に微かに燃える炎を感じた

・平凡な中にこそ眞理は見出だされると思つた。ひる過ぎになつて風が出た

 

 

 

モダニズム短歌 目次


http://twilog.org/azzurro45854864
twilog歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

成川はつ子  (モダニズム短歌)

 

・窓の銅板 ホトホト鳴る月の鳩舎 花の莢はじけて黄ばみそめた

・霧の中の銃眼 斜面を走る空色のボタン 匂ひわすれて崖の家へ翅(はね)いた

・裝身具 故國に觸れる聰明な音樂 白馬の館に朱線を忘れる

・豁谷の踵 橋のむかうで白い肩から花のやうに睫毛にふれた

・蒸汽船の屋根 旅愁は銃彈の跡に似る 人住むとも見えぬ島かげの明るさ

・波切の岬 愛情に永別した烈日の異國風景石の階段に座る

・九月 庭園の銃を捨て 腕をのばし 痛ましい薔薇の陽にかくれた枝をささえる

・レンズをぬぐうても海は鉛色に見える 高山の花は聲に染つて鮮かにとんだ

・新調の靑い野 南の眞珠灣 明けがた海の女はきれいに飛躍した

・視察團をもたぬ夏の花園 高壓塔の縞を越えて香料が届けられる

・成層圈をかきわけかひくぐり 無帽の兵は人形の雪崩を受ける 地の襞に一行の聖句を寫した

・雪來る日 ひたすら逸らすかしこい妹の明眸に たゆとふ無音の一つを沈め

・しげり合う草木に応へて涙する 遠雷のあのゆたかな翼にあこがれ夜に近づいた

・その夜甲蟲が翅をひろげると純粹な精神が 緊張する あの森の鶴が膝をのばすのだらう

・手套の影 キラキラ光る曉の商店街 衿 侘しいゆめをみつめる

・來る日も來る日も八月の松の林は激しくゆれて 一つの追憶が空いろの吐息をもらす

・植物の秘かな邂逅にも高い精神の戦慄となつて 花束の中で幾許の手紙が燃える

 

 

 

 

モダニズム短歌 目次


http://twilog.org/azzurro45854864
twilog歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。

 

佐藤登里子  (モダニズム短歌)

 

・街燈の影にしほれるコロニイ 踊子達は花束の手術をうけてゐる

・機械になつた踊子達 笑ひを押しつけられて花束が崩れさう

旅愁の馬が走り去つた 綠のモノロオグ 踊子はナイフの足で滑つてゐた

・海の大きな窓 落下傘が花束になつて浮びあがつてきた

・夢から出てくると 足音を忍ばせて 月はフイルムを寫して見せる

・陸橋は濡れて搖れ いくつものモノクル喪はれ 黄色い海をひろげる

・月光が歩き出した 大きな月見草の傍で 風は搖籃を釣り下げた

・貝殻は海の響が好きになる 草たちのむれは砂丘に沈む

無花果の葉にメロンがかくれる 切り拔きの月は張られたまま

・草花の莖が伸びて 夕暮の廂に碧いレエスが懸けられる

・城塞を過ぎる趾の感激 愉快な弱点となる エルムの鐘も楽しく

・ふもとから 失はれる山 結婚式に瓦斯マスク持ってゆく國に唯一つ白い花

・氷の椅子が一つ 海からもくる 朝のフオークを置く

・坑をのぞく碧い悼しみ エルムの鐘 風は露地にはいつてゆく

 

 


モダニズム短歌 目次


http://twilog.org/azzurro45854864
twilog歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。