魚骨祭  荘原照子  (詩ランダム)

 

魚骨祭       

         莊原照子

夕べ 假死した木立のうへで 侘しい手風琴を鳴らしてゐる
靑い仔鴉よ 充たされないおまへの食欲よ

けふ わたしは一さじの果汁を啜った
昔 搖りかごの谷間にさめた
そこですみれの花をたばねた
而も今 此の翳ふかき白磁の食器には 膓結核 唯するどい魚骨の棘あるのみ

夕べ 喪服の仔鴉よ 吹き鳴らせミゼレーレ
こわれたロマンの手風琴
激しいいたみに憑かれ乍ら おまへはまた呑みくだす
灰黄いろい花粉を アヘン末を


詩ランダム