中村節子 (モダニズム俳句)

 

旧号中村節女。藤木清子や三橋鷹女のライバル的存在だったときもあるらしい。句を見つけるのが難しい。新しい句が見付かれば差し替えもあり。

 

・朝のサロン壁畫の裸婦に對して待つ

・白い夫人靑年と對きノーストツキング

アネモネの靑きが吸えり煙草の輪

・春の蚊を打てばみどりにつぶれけり

・鶏は頭であるき大カンナ

・ゴムの木にはるけき想ひだんろ燃ゆ

・春の夢夢みし人もみしやらん

・橫を向く肩なめらかに夏の海

・海たひらか汗ふく腕に顎をのせ

・玫瑰咲けり水着の女とロシア犬

・燒けし子等足うら白く泳ぎつれ

・子鰈は平らかに泳ぎ日矢の中

・岬かすめり双蝶みだれなく海を

・海と暮れし一日白雲なくなりぬ

・雜踏にわが顔をおき春愁なり

・婚約者とほし一瞥の日の鮮しく

・腹這へば五月の海が眼にあふる

・火蛾とんで玻璃戸の月のゆがみけり

・香たいて梅雨の夜なればけはひせり

・つゆ草の紫野めづる浴衣かな

・群竹の音は風もつ星今宵

・身をつゝむ日のきびしさよ土用波

・星とんで水平線の闇にほふ

・樹林いで日傘ひらけば尺取が

・舌たるゝ犬の親子にカンナ燃え

・旅客機が白雲を衝き海を北へ

・門川は蝗飛ばしめ芹咲けり

・隠沼夜蛙鳴けり街は盡く

・眞夜覺めたり蚊帳の月光に沈みゐる

・蚊帳の月光枕邊の本濡れし色に

・蚊帳の月光活字は黑く讀むに耐ゆ

・苔ふかし蜥蜴の空に餌ありぬ

・蜥蜴みる窗に黑蝶低く來たり

・白雪にまろび碧空あるはさみし

・暖房や人を憎みしこともとほき

・ともに踏む黃葉の道に浪ひゞき

・化粧して晴れしこころに入り來しひと

・春雷やイチゴミルクを少年と

・風やさし圓柱により人待てば

・少年工泳げり水着を着たる無し

・セロをきくむらさきこゆき秋の人

 

銃後俳句から

 

・稲妻す湖底に屍相寄れり

・化粧するは愉し戦の最中(さなか)なれど

 

 

※玫瑰(まいかい)=ハマナス

 

モダニズム俳句 目次