中野嘉一 Ⅱ  (モダニズム短歌)

 

 

・人家稠密ナル市街卵白(オパール)ノ娘等トビ「愛人よわれに歸れ」ト唱フ

・奇シキサラセン模様ノ春季(ハル)ノ風嗚呼麒麟ノ頸ハ梢ニ見エル

・地球儀ハ花籠ノヤウニ置カレタ手術ノメスノ光リヲ感ズル

・電柱ガ少シ傾クソコカラ熱イ血ガホトバシツテイル

・遊樂スル故園ノ蟻ヨワレラハ今勤(ツツマ)シク植物ノ年輪ヲ數フ

・遠キ野ニ起ツサラセン模様ノ風空中ノたんぽぽノ花ニ秩序ヲ見ユ

・衣裳ノ分類折レタ煙突坩堝(るつぼ)ノ沸騰腦膜ハウルハシキモノト親和スル

・鳥ノ眼犬ノ眼人ノ眼ガ容(はい)ツテヰル靑イクスリ壜ヲフツテ見ル

・フリイジャノ花ニ時計ノ鎖ヲムスブ少女ノ年齡ヲ知ラナイケレドモ

・花並木ソラ豆ノ花ノ並木蚊ガ一匹啼イテソノ花ヲ臺ナシニスル

・白イ石鹸ノヤウナ港人間ハミナ鏡ヲ持ツテヰル

・雲雀ハ幌馬車ノ屋根ニ集ツテ來タ一群ノ雲ハ公平ナル天使ノ様ニ流レテヰル

・類人猿ハ帽子ヲ被ツテ蟹釣ニ出タ海辺ノ空ニハ火星ガ赤ク光ツテヰタ

・シヅカナル天体ニ昇リ行キ人人ハ鋼鐵(ハガネ)ノ腕トOLYMPICノ旗ヲ飾ル

・樹木ノ前午前ノ雲ハ船體トシテ截ラレル丘ヲ登ル犬ハ追ハレル

・孔雀ノヰル墓地昼深クナリ私ハネクタイノ文學的ナ意味ヲ知ル

・湖水ノ瑪瑙ノヤウナ斜視 稍々疲弊シタ肉體ノ部分ニ霞ガカカル

・つゝじの花叢の内で雀がないた 與へられた体積の雀である

・らぐびいの選手が隠れた 龜の甲羅の下に大きな水車が廻る

・一枚の手巾(はんかち)のなかに蜜蜂飼育所のしづかにうるはしく曇つてゐる日の風景を感じる

・この腱は切れてゐる 外科医は星の點畫を見ながら言つた

・月桂樹の花ばかり 少量の葱の葉 宗教的な雲の形 少年の帽子のなかに容りこむ

・うす明るい海ぎし 最も美しい庭園 落葉のあひだの鶺鴒 海草の間の寝台にねむる

・しつとりとした白さ 帽子の日覆のやうな墓地 日が昏れてゐる

・棒杭の鈍い光 地面には秘かに祈禱する人の影が黑くしみついてゐる

・脱走囚の見えない衣服 並木の道を走る 街に 空に 厚切りの雲がかゝる

・雲を交換する 三色スミレの花が石垣の上にこぼれて來てしかたがない

・精神の荒廃であつたか 夢をあつめる
西洋皿の上に悲しみを殘す

・葉裏をみせてそよぐ樹木 秋風らしい風の感覺を誰も記憶してゐる

・暑い日射しを針のやうに運ぶ褐色の小さい蝶蝶 夾竹桃の花

・紙芝居の靑年がひいて來た車の輪に蟬がないてゐる深い綠の森のなか

・森かげの空 小市民の不安な思想が木の枝の鋭い角度の中にきり取られる

・病室の窓からさみしい人の聲がする。「夜間飛行がとほるね」

・剥製のかもめは窓硝子を越えない 小さなアトリエに漂ふ秋の陽の深み

・溝端にこほろぎがなき また雀がないてゐてかのピアノの音は悲劇的な分子だと思ふ

・劇場の動かない旗。レストランの低い屋根。小都會のなつかしい蹠(あしのうら)が見える

・高い梢の上に數哩先きの都會の灯がみえる落葉の音を悲しみながら眠りに就く

・シヨウ・ウインドウが、瞬間、靑い翅、翅。──疾走するヘツドライト!

・エレベエーターの壁鏡(わんど・ぐらす)にフラツパーの官能的な顔。眞赤なネクタイ!

・壁に活きた神經がある、敏感に都會の電流を感じてゐる

プラタナスの黄葉(は)が一面に落ちて、皮膚病にかかるペーブメント        (「黄葉」=「は」)

・そわそわして断髪にブラツシユをあててる、少女。明るい扉(どあ)のなか

・コバルト深く、劃線をひいた遠景の、ビル街へ無數の星がふつてゆく!

・プラス・マイナスの符號がぼやけてひんぱんに通過する。──やがて、生物は昏睡からさめてゐた

・高架電車、いま、白つぽいビルデイングに、直角にぶつかる!

・高層ビルデイングの一角から明るい照明が放射され、動く、動く、街!

 

 

中野嘉一
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/06/20/021145


モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。