中野嘉一 Ⅰ  (モダニズム短歌)

 

・これが薔薇の花であるかといつて雀が一匹垣根を越ゑる

・電子(エレクトロン)ら 春の沿岸を泳いで 白い生物を探検する 眞空の世界は遙かに遠い

・毀れた街の斷面 水族館の硝子扉に石化したははこぐさ達

・好きな幾何學が曇つてゐる 天井の雲雀は靑ざめてゐる

・たんぽぽ色の子供が嗤へば ペーブメントの空気はみるみる稀薄になつた

・肋骨のあひだに大きな鴉が下りた 鴉はさみしい音樂を択ぶ

・肋骨のあひだに暴虐な少年がゐる ひどい近眼鏡を懸けて

・透明な無風の眞空の世界 悪漢の瞳はサフランの花瓣である

・瓣膜をあけると 白い石だたみが傾斜してゐる 遠方に明るい地點

・時計臺の下の細胞組織を ああ美妙な馬鈴薯の花瓣は潜航し始める

・太陽が翼のあかい小鳥らをぶつつけてゐる野つぱらの明るい扁平足

・自記溫度計の内部(なか)を占める純粹理性は電子(エレクトロン)らの優しい獨りの娘

・部厚い手の甲のやうな鉄いろの海、海。一度に私の意識を擴大した

・白い家の屋根に花瓣(はな)を敷き蜜蜂らの墓を經營する少女と僕と

・貧しい午後の蜜蜂ら 可憐な汗を零して花瓣へ墜ちて行つた

・鹿らの角を埋葬しよう白い街の区域に その街は僕の眼球のうちにあるのかしら

・未だ太陽に異常がない 雨滴らと美風な星らと虹晴れの喜劇を夢みる

・墓地經營者の白い沓(くつ)に入つて蟻らの脚らすみれの花瓣ら永遠にたのしみ給へ

・朝つぱらから銀いろの乳母車が白菜の匂ひとレーニンのデッサンを載せてきた

・無線電信塔は神聖な白い掌 開花する蓮の花ら 自働開閉橋

・太陽の掌からシガレットの白い陽炎(カゲロウ)を吸入してゐる、タバコ畠の白い尺度(ハカリ)と少年と僕と

・美風な齒車のために貢献した僕達の隕石らとそして5ミリグラムの蟹の心臓(ヘルツ)達!

・白い地球儀のかげに海べがあれば少女よ日傘をひろげよ

・優美な鮫の血がながれてゐるだらう植物の綠の晴衣よ

・電柱はたんぽぽのやうな月を飾りもう夜あけである事を示す

・夏菊の花白い胸の小鳥みんな物質は軽い衣につゝまれてゐる 

・空に白く燈台のごとくみゆるものそれがはつ秋の太陽であるか

・限局された地球の一部分にのみ桔梗の花をつけた煙突が見える

・希望のない秋草電柱のかげに麗しい女の着物は燃えてゐるか

 中野嘉一

 http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/07/01/030453

 モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。