岡松雄 履歴その他 (モダニズム短歌)

 

岡松雄(おかまつ たけし) 

履歴
1908年(明治41年)8月12日
高知県幡多郡奥ノ内村(現在の大月町)に生れる。

1925年(大正14年)4月1日(社員名簿には3月2日入社とあり)
上京。書肆冨山房入社。同所で『橄欖』の小笠原文夫を知り短歌に興味を持つ。

1931年(昭和6年)
前川佐美雄・石川信雄・蒲地侃・小笠原文夫の『短歌作品』に加わる。

1934年(昭和9年)
前川佐美雄の『日本歌人』に加わる。

1935年
早崎夏衞、加藤克巳とともに『短歌精神』を創刊。

1936年 
若手歌人の集まり「四月会」に参加。『四月會作品第一』出版。(12月)

1937年(昭和12年)2月
処女歌集『精神窓』出版。

中央歌人にも参加とあるが、いつなのか特定できず。

1942年(昭和17年)
(昭和16年まで冨山房社員名簿に記載あり)
太平洋戦争による統制のため国定会社中等教科書KK発足に伴い冨山房より自動的に同社に移る。

1945年(昭和20年)
検定制度復活のため国定会社中等教科書KKを辞す。

1950年(昭和25年)11月5日
堀口時三郎、上田穆らとともに『次元』創刊。

1954年(昭和29年)

加藤克巳主宰『近代』(『個性』の前身 )に参加。

1961年(昭和36年)11月1日
有限会社秀英社創立。印刷会社。

1964年(昭和39年)11月
第二歌集『木石』出版。

1972年(昭和47年)11月
文京区白山に新社屋を築す。
『自選全歌集』出版。

1984年(昭和59年)6月19日
死去。

晩年に同郷の方と再婚されたようですが、奥さんは知名の方らしく、国会へ参考人招致され、戦中看護婦として中国へ召集された経緯が議事録に残されています。

以上『全歌集』『三十五周年記念「個性」合同歌集』等により作成。

 

参考文献
著作

・『精神窓』 協和書院 1937/02 短歌精神叢書 
処女歌集

・『木石』 昭森社 1964/11
戦後の歌の集成。

・『岡松雄全歌集』秀英社 1972/11 
全歌集とありますが、それまでの歌集の抜粋と歌集外の歌の集成です。それまでの歌集の序文等も再録。

・『宮崎源井』
中平 渥子/編 岡松 雄/制作
〔出版者不明〕 1977/05
岡松氏の小学校の恩師にして、義兄の短歌、俳句、随筆等、地元の新聞その他には発表した文章を集めたもの。

 

アンソロジー
・『四月會作品第一』
交蘭社 1936/12 

・『日本歌人クラブ 年刊歌集 1955』 日本歌人クラブ年刊歌集編集委員会/編
日本歌人クラブ 1955/03 

・『日本歌人クラブ 年刊歌集 1956』 日本歌人クラブ/編
日本歌人クラブ 1956/05
 
・『昭和新短歌選集』 福田廣宣/編
現代語短歌の軌跡と展望 角川書店 1979/10
新短歌ではないのになぜか、早崎夏衞氏ととも岡松雄氏の歌も収録。

・『個性三十五周年記念合同歌集』 個性の会/編,三十五周年記念合同歌集編纂委員会/編
個性の会 1988/8

 

序文等
・『汐騒』 立道正晟/著
潮騒 秀英書房 1965/8

・『林登免香』 林登免香/著,林祖雁/号
林茂木 1971/4 
同郷の方らしい。

・『夕茜』 飯田清/著
秀英社 1977/3 

岡松雄『精神窓』Ⅰ
岡松雄『精神窓』Ⅱ

岡松雄氏の履歴調査・資料収集に際して、高知県立図書館(現・オーテピア)の若くて優秀な司書さんに御協力戴きました。初め、岡松雄氏に関して歌集は『精神窓』しかなくどの結社にも属していない、履歴は全く知られていない歌人という認識でした。どこから手を着けていいのか分からず五里霧中だった中に、司書さんが適切なアドバイスやインスピレーションを常にタイミングよく与えて下さいました。特に『全歌集』を見付けてきて戴いた功績は大きく、その後調査が大きく進展しました。感謝。

 

TVでまたあの人に似た人を見た。以前似てると思った人だ(実際見比べると全然似てないのかも知れないけど)。やっぱりあの顔立ちが好きだと思った。ずっと見ていたいな(本物の方だけど)。

最近は誰を見ても彼女の面影を探そうとしている自分に気付いて、ほとんど病気だと思った。

あるいは朝のTV小説『エール』でヒロインが妊娠して夢を諦めるか悩んでいるのを観て、女性の人生には制約が多くて大変だと想い、子供の頃友人の女の子がこれこれまでにこれをしなくちゃ、これこれまでにあれをしなくちゃと言っていたのを思い出した。女性の人生は妊娠等時間制限のあるものが多いからという話で、女の子ってすごいな、大変だなって思ったことも。相手を幸せにするということは相手の悩みや苦しみも受けとめることだから、TV番組からで能天気な発想かもしれないけど、私はうまく受けとめられるだろうかと少し不安になった。もしそういう立場になったら、彼女の苦しみを和らげたい、出来るだけ希望が叶うようにしたい。そういう能力を私が持っていることを祈るだけだ。

 

 

やっぱり好きなのはあの人だけだという想いを日々新たにしている。勿論あの人から好かれていない、好かれないこともあるかもしれないけど、それはそれで仕方がないかな。もしそうなら私はそういう星の下に生まれてきたのだろう。親も含め誰にも好かれなかった、相手にされなかったというだけのことだ。それは自分を人から好かれる、そういう存在に出来なかった自分の責任なのだ。でも、なぜだろう、生まれて初めて、図々しくも自分の力であの人を幸せにしたいと思ったのは。幸せでいてほしいという想いは当然だとしても。

 

あの人を幸せにしたいとか言っているけど、彼女がどういうことを嬉しいと感じるのか、どういうことを幸せだと想うのか分かっていないくせにと自分でも想う。まず彼女にいろいろ教えてもらうというか、教育してもらわなきゃ。生活様式とか、生活についてとか。彼女が生きている環境についてどう感じているかどう考えているか、それを学習しなければ。それが彼女を幸せにするための第一歩だろうな。彼女の想いに沿うようにサポートして行ければいいのだけど。

 

 

あの人は今どうしているのだろうか。何事もなく無事でいてくれればいいのだけれど。彼女自身が無事でいてほしいだけでなく、彼女の家族や知り合いも無事でいてほしい。彼女を悲しくさせたり不安にさせたりすることが起こらないでほしい。どんなに避けても、どんなに細心の注意を払っても勿論そういうことは起こってしまうのだろうけど、起こったとしても最小のものであってほしい。もしそういうことが起こって、私が側にいたら何ができるだろうと考えてしまう。ただ、横にいて彼女の話を聞いてあげるだけかもしれない。でも、そういうときは彼女の横にいたい。

 

午前1時半くらいで眠ってしまった。図書館のあの人のことを考えていたら、本当に大切にしたい、大事にしたいという想いが募って、さらにどうしてこんなにもその想いが募るのか、考えてながら眠ってしまった。実際はどうして想いが募るのかはどうでもいいのだ。こういう想いが募る存在がいるというだけで、彼女にも、そういう想いにも感謝。生まれて初めてそういう想いを持たせてくれた彼女にも感謝。私はモテたい訳ではないので、自分が好きな相手には好かれたいけど。この「モテる」という言葉、男女で使い方が少し違っている気が。男性の場合は、不特定多数に好かれるときのみに用いられ、自分が好きな相手には用いられない。でも、女性の場合は、どちらにも用いられるような気がする。それに気付いたのは中学生の頃だから、その人達の使い方が熟していなかったからかもしれないけど。それとも、全部自分の選択肢として俯瞰した視点を女性が持っているということだろうか。

 

 

 

5月6日以降も非常事態宣言の延長がほぼ決まりのようだったので、迷惑を掛けないように相互貸借のことで図書館に電話を入れた。そのとき相手が名前を言った。そのままいつものように話しかけようとして、その名が彼女のものと気付いて一瞬戸惑った。さらに一瞬そのまま話すべきか迷った。でも、どういう態度で話すべきか、またそのまま普通に話して、彼女がどういう態度を取るか、変な反応をされたら嫌だし、反対に普通に話されたら、何か不自然な強制を彼女に強いているのではないか、一瞬の間にさまざまに迷ったあげく、何も言わず電話を切った。ああいうことが起こってしまうと行動の選択が難しい。

 

相互貸借の本の返却のことで電話したら彼女が出た。それで、何も言わずに電話を切ってしまった。申し訳なかった。彼女は私と話したくないかもしれないからだ。彼女の気持ちが分からないから、コミュニケーションを取るにしても一度直接顔を合わせてからだと思う。全て彼女の気持ちが優先だ。

 

彼女の顔と似ている人を最近TVで観た。やはり好きだなと思う。その人の顔の角度が変わると違うと失望してしまう。あの人の顔はどの角度から見ても胸キュンなのに。それで考えた。彼女の顔が好きだから(それも含めて)彼女のことが好きなのだろうか、それとも彼女が好きだから顔も好きなのだろうかと。どうも、後者のようだ。例えば、彼女の欠点と一瞬思ったものも、次の瞬間やしばらくしてそれも彼女の魅力に思えてしまう。ずっとそういう風であれば幸せだろうな。

 

許されるなら彼女を幸せにしたい。それだけだ。もしそれが出来たら私の心の傷の多くが癒される気がする。彼女のことを考えると、彼女を幸せにしたい、彼女を幸せにしたい、彼女を幸せにしたい、という想いが矢継ぎ早につのってくる。本当に幸せにしたい。

 

あの人と会えなくなってもう1年だけど、その間1度だけ姿を見たけど、やはり好きなのは彼女だけ。今はコロナ禍で彼女の様子も分からないけど、とにかく無事でいてほしい。なぜ彼女にこんなに惹かれるのか、よく分からないけど彼女のことを想うと同時に彼女を幸せにしたいという感情が同時に湧いてくる。こんなに誰かを好きになれるなんて私自身幸せなんだよな。一生一人の人のことを想い続けられば幸せだろうと子供の頃から想っていた。

 

占いを信じているので今まで心配していなかった、つまり再会できて彼女を幸せに出来ると信じていたので心配していなかったけど、コロナ禍の蔓延で彼女は大丈夫だろうかとふと心配になった。幸せにできるということは、彼女も私も無事でいるはずなのだが。私の方は去年のいろんな出来事で借金が嵩んで調整に追われていたが、それに関してはやっと目処がついた。生活を立て直すのはもう少し時間がかかりそうだけど。

 

あの人、彼女に再会できて恋人同士になるという占いのことを考えてみた。ということは、私は彼女を幸せにするという願いも叶うはずだと。幸せにするということは、一度何かをしたから彼女が幸せになるというわけはないだろうから、少なくともある一定期間以上彼女の心を暖かくしたり喜ばしたり安らかにすることが必要なはず。だとすれば、その間彼女も私も無事に生きていけるはず。そう考えて、いろいろ治療の方法を試していたら出血が止まった。2、3日前それを書こうと思っていたらまた出血が。でも、その後は大丈夫。やはり占いは実現すると信じたい。勿論彼女次第だけど。

 

彼女の表情やしぐさのことをよく思い出す。普通の女性がよくする表情やしぐさばかりなのだ。でも、他の女性には何も感じないのに、彼女のそれらには、かわいいと想ってしまうし愛しいと感じてしまう。本当に不思議だ。それとも不思議でも何でもないことなのだろうか、つまり、それがその人を好きだということなのだろうか。

 

元々はよく行く場所にいるキレイな女性、可愛い女性でしかなかったはずのあの人が特別輝いて感じられ始めたのはいつだったろう。年齢差を除いても、キレイな女性、可愛い女性だから相手にされるはずがないという想いと私は人を好きになってはいけないという想いから、自分には関係ない人だと感じていたはずなのに、モダニズム短歌調査を一緒にしてもらう中での彼女の言葉か仕草、あるいはその両方が一瞬にして全てを変えてしまった記憶がある。でも、どの言葉、どの仕草かははっきり覚えていない。あれかなという漠然とした記憶はあるのだけど。その後の彼女の存在は、私に生きる勇気を与え続けてきた気がする、勿論それとは反対の行動と思われるものもあったけど。

 

以前県立図書館であの人と眼が合ってそのままずっと見つめ合っていたことがある。彼女の私への気持ちが知りたかったのだ。彼女の視線がどの方向に逸れるかで漠然とではあるけれどこちらに対する気持ちが分かると言われているから。勿論、そのことを知っていてわざとそちらへ視線を逸らす可能性もあるけど、その場合はその不自然さが見えるだろう。それで、彼女をじっと見つめていた。すぐに視線を逸らすかと思ったけど、彼女もこちらをずっと見つめていて、それもすごくこわい顔をしていた。怒っているのかと思える程だった。でも、怒っていても普通は怒りの顔のまま視線を逸らすのが普通なのに、彼女はこっちを見つめたままだった。随分長い間見つめ合っていた。勿論心理的に長く感じられただけで実際は数分だっただろう。でも、心理的には10分近く見つめ合っているように感じた。なぜ視線を逸らさないんだ?怒っているの?だとしたらなぜ?もし怒っていなかったら至福のときだったろう。ずっと見つめていても見飽きない人、ずっとずっと見つめていたい人。でも、怒らせているのだろうかという懸念で私の方が遂に眼を逸らしてしまった。俯いてしまった。つまり、視線の読み方からすれば、私はあなたに好意を抱いていますだ。彼女はそういう知識があるのだろうか。実際の気持ちから言えば、相手に嫌われたくないとか、相手を尊敬していますとかの感情がそういう行為を取らせるのだろうけど、通常はその感情の奥に程度の差こそあれ好意が含まれていることも確かだと思う。そのとき、私はやはりこの人が好きなんだなと自分でも気付いた。この人には勝てないなと思った。多分視線を自分から逸らしたのは初めてだと思う。本当ならずっとずっと見つめていたかった。
それ以降は女の人の顔をじっと見つめることはしなくなってしまった。彼女以外の女性には興味が湧かないし、他の女性を見つめることは彼女への冒涜のように思えるから。

 

 

さすらいのピアニストというか、さすらいのピアノマンの話、エピソードの話数を決めて、全体の構成も詰めていかなければ。80年代のUSのミュージシャンの音楽プロジェクトに触発されて思い付いたもの。確かミュージシャンが失踪した彼女を探して世界中を旅するという話だったはず。それをピアニストにして、愛と記憶または愛の記憶のバリエーションのエピソードを連ねていくものとして構想したのだけど。そういえば、高層ビル最上階の水族館のジャンプするクジラの話には愛が絡んでいなかったな。絡ませなけりゃ。星の光は全て過去の光であり、夜は様々な過去に満ちているというホフマンスタールのエッセイと、ジェイムズ・キャメロン監督の元奥さんのすごく繊細な女吸血鬼の夜への感受性に触発されて思い付いた設定だけど、愛を絡ませると、ちょっと深みが出るかな。j・フィニイの「愛の手紙」の構造とかどれかで使えるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 著者に関する情報を探しています。

特に小玉朝子、早崎夏衞の情報を。ご存知の方一報お願いします。
nostrocalvino@gmail.com

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilog歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。