岡松雄 履歴その他 (モダニズム短歌)

 

岡松雄(おかまつ たけし) 

履歴
1908年(明治41年)8月12日
高知県幡多郡奥ノ内村(現在の大月町)に生れる。

1925年(大正14年)4月1日(社員名簿には3月2日入社とあり)
上京。書肆冨山房入社。同所で『橄欖』の小笠原文夫を知り短歌に興味を持つ。

1931年(昭和6年)
前川佐美雄・石川信雄・蒲地侃・小笠原文夫の『短歌作品』に加わる。

1934年(昭和9年)
前川佐美雄の『日本歌人』に加わる。

1935年
早崎夏衞、加藤克巳とともに『短歌精神』を創刊。

1936年 
若手歌人の集まり「四月会」に参加。『四月會作品第一』出版。(12月)

1937年(昭和12年)2月
処女歌集『精神窓』出版。

中央歌人にも参加とあるが、いつなのか特定できず。

1942年(昭和17年)
(昭和16年まで冨山房社員名簿に記載あり)
太平洋戦争による統制のため国定会社中等教科書KK発足に伴い冨山房より自動的に同社に移る。

1945年(昭和20年)
検定制度復活のため国定会社中等教科書KKを辞す。

1950年(昭和25年)11月5日
堀口時三郎、上田穆らとともに『次元』創刊。

1954年(昭和29年)

加藤克巳主宰『近代』(『個性』の前身 )に参加。

1961年(昭和36年)11月1日
有限会社秀英社創立。印刷会社。

1964年(昭和39年)11月
第二歌集『木石』出版。

1972年(昭和47年)11月
文京区白山に新社屋を築す。
『自選全歌集』出版。

1984年(昭和59年)6月19日
死去。

晩年に同郷の方と再婚されたようですが、奥さんは知名の方らしく、国会へ参考人招致され、戦中看護婦として中国へ召集された経緯が議事録に残されています。

以上『全歌集』『三十五周年記念「個性」合同歌集』等により作成。

 

参考文献
著作

・『精神窓』 協和書院 1937/02 短歌精神叢書 
処女歌集

・『木石』 昭森社 1964/11
戦後の歌の集成。

・『岡松雄全歌集』秀英社 1972/11 
全歌集とありますが、それまでの歌集の抜粋と歌集外の歌の集成です。それまでの歌集の序文等も再録。

・『宮崎源井』
中平 渥子/編 岡松 雄/制作
〔出版者不明〕 1977/05
岡松氏の小学校の恩師にして、義兄の短歌、俳句、随筆等、地元の新聞その他には発表した文章を集めたもの。

 

アンソロジー
・『四月會作品第一』
交蘭社 1936/12 

・『日本歌人クラブ 年刊歌集 1955』 日本歌人クラブ年刊歌集編集委員会/編
日本歌人クラブ 1955/03 

・『日本歌人クラブ 年刊歌集 1956』 日本歌人クラブ/編
日本歌人クラブ 1956/05
 
・『昭和新短歌選集』 福田廣宣/編
現代語短歌の軌跡と展望 角川書店 1979/10
新短歌ではないのになぜか、早崎夏衞氏ととも岡松雄氏の歌も収録。

・『個性三十五周年記念合同歌集』 個性の会/編,三十五周年記念合同歌集編纂委員会/編
個性の会 1988/8

 

序文等
・『汐騒』 立道正晟/著
潮騒 秀英書房 1965/8

・『林登免香』 林登免香/著,林祖雁/号
林茂木 1971/4 
同郷の方らしい。

・『夕茜』 飯田清/著
秀英社 1977/3 


岡松雄氏の履歴調査・資料収集に際して、高知県立図書館の若くて優秀な司書さんに御協力戴きました。初め、岡松雄氏に関して歌集は『精神窓』しかなくどの結社にも属していない、履歴は全く知られていない歌人という認識でした。どこから手を着けていいのか分からず五里霧中だった中に、司書さんが適切なアドバイスやインスピレーションを常にタイミングよく与えて下さいました。特に『全歌集』を見付けてきて戴いた功績は大きく、その後調査が大きく進展しました。普段から応対が丁寧で利用者の立場で考えてくださる素敵な方なのですが、とにかく今は感謝あるのみです。

 

 岡松雄『精神窓』Ⅰ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/011724
岡松雄『精神窓』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/02/27/015904

 

モダニズム短歌 目次
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/05/30/054929

 

 

http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。