神の白鳥  乾直恵  (詩ランダム)

 

神の白鳥

       乾直惠

神さまが、膝でスワンを慈しむ。
御手にふれたこの拔け羽毛(げ) !

ぼくは冷たい歌を思ひ出す、
塒をさがす小鳥のやうに。

ぼくはあなたの毛皮のなかへ走りこむ、
ストーヴに凍(こご)えた兩手を翳すために。

ぼくはあなたのスエーター・ポケツトに潜りこむ、
團樂の、明るいピアノを聽くために。

 

 


※「羽毛」2文字で「げ」

『花卉』(椎の木社 1935)より

 

 

 

 乾直恵 朝は白い掌を
乾直恵  Echo's Post-mark
乾直恵 菊
乾直恵 極光
乾直恵 睡れる幸福
乾直恵 鮠
乾直恵 光の氷花
乾直恵 村

 

詩ランダム