Echo's Post-mark 乾直恵  (詩ランダム)

 

Echo's Post-mark

           乾直惠

銀鼠色の手袋が、ぼくに强ひる。
──もつとランプの芯をお攪き立て ! と。


光にみちたその芝園で、
ぼくは幾枚もレタア・ペイパアを書きほぐす。


あなたはぼくの脚もとから、
ほろほろ崩(こぼ)れる、砂丘のやうに。


そして、花が咲いても、
櫻の樹の下のポストの唇(くち)は冷たいだけだ !

 

 

 

『花卉』(椎の木社 1935)より

 


乾直恵 神の白鳥

乾直恵 菊
乾直恵 睡れる幸福

乾直恵 鮠

 

詩ランダム