読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石川信雄『シネマ』Ⅰ (モダニズム短歌)

・春庭(はるには)は白や黄の花のまつさかりわが家(いへ)はもはやうしろに見えぬ 

・白鳥の子をかばふため家鴨等に棒ふりあげるこどもでありき 

白薔薇(しろばら)のをとめとわれはあを空にきえ去る苑(その)の徑(みち)の上なり 

・すみれさへ摘(つ)まうとしなかつたきよらかなかの友よここに死にのたれゐる

・われの眼のうしろに燃ゆるあをい火よ誰知るものもなく明日(あす)となる

・駱駝等のむれからとほく砂原によるの天使らと輪踊りをする    

・山の手の循環線を春のころわれもいちどは乗りまはし見き 

・スウイイト・ピイの頰をした少女(をとめ)のそばに乗り春の電車は空はしらせる  

・壁にかけた鏡にうつるわが室(へや)に六年ほどは見とれてすぎぬ 

・窓のそとに木や空や屋根のほんとうにあることがふと恐ろしくなる

・われつひに惡魔となつてケルビムの少女も海にかどはかし去る 

・羊等のなめ合つてゐる森のなか狼のやうにはしりぬけ來る 

・オレンヂやアツプル・パイを食べさせるかの苦しみよここに見おくる 

・奈落へとわれの落ちゆくを手つだひしかの人よ今も地獄にすめる

・地下道にあふれる花等はればれとながれゆく先のみな見えてあれ 

・今日われはまはだかで電車にのりてゐき誰知るものもなく降(お)りて來ぬ 

・ポオリイのはじめてのてがみは夏のころ今日はあついわと書き出されあり

・何もののわれそそのかす赤の黄の花火をひるも夜(よ)もうちあげる

・すなほなる羊等のいたくほめられゐる野の上の空にはげ鷹(たか)のとぶ 

・わが肩によぢのぼつては踊(をど)りゐたミツキイ猿(さる)を沼に投げ込む

・剥製(はくせい)のカナリヤを鳴かせきき入れるシネマの女(をんな)ふと思ひだす
 
・すつぱりとわれの頭(かしら)を斬りおとすギヨテインの下(もと)でからからと笑ふ
  

石川信雄『シネマ』Ⅱ
http://azzurro.hatenablog.jp/entry/2017/03/28/011402


http://twilog.org/azzurro45854864
twilogで歌人名または歌集名で検索すると、歌をまとめて見ることができます。