窓  酒井正平  (詩ランダム)

 

           酒井正平

 

~テニスなどして海のそばから帰つてくると水色のシヤ
 ツがぬれてゐる アマチユアだといふ昔の友が小娘た
 ちにおしへてゐる


~「ボキヤブラリイ」の地方で リボンをむすんだ蝶々
 が死んでゐる 「アレゴリイ」の村で 画家は村夫子
 とあそんだ


~アンチモネエの花に会つたことがアルカイ 短い着物
 をきて アナンの地でさしたといふタアルの様に嗅タ
 バコを用ひる

 

 

 

 

『小さい時間:酒井正平遺稿集』(1953)

 

 

 

酒井正平 画布に塗られた陰について
酒井正平 航海術
酒井正平 天文

 

 

詩ランダム