思出  山中富美子  (詩ランダム)

 

思出                             

          山中富美子

綠のニグロが石段を下りる時、オリーブは空の色に茂つてゐる、そこに伊太利の日光がさす。
一片の明るい雲、時々、天使が浴みする熱帯地の雨はこはれた石柱にかゝつた。


海で死んで砂をくゞつてきた天然樹の足、若い蛇よ、
月の海岸には泡が佇立している。
秀れた姿勢で、砂漠の空に。
そては匂った、
眠る橄攬の呼吸のほとり、優しい遠方に──。


新鮮な思出が、
それだけあつた。
海のバルコニーの外の樹をながめる時──。

 

 

 

『詩抄』(椎の木社 1933) 『文學』(厚生閣書店 1932-12)

 

 

山中富美子 海岸線

山中富美子 姿勢する

 山中富美子 睡眠

山中富美子 園の中 

山中富美子 聖夜

 山中富美子 沈默

山中富美子 夜のイニシヤル

 山中富美子 夜の花

 

 


詩ランダム